ある日の十和田湖

16/09/2008

080902-26.jpg
夕方の十和田湖。
080902-27.jpg
広い空を反射するかのように、穏やかな湖面。
080902-28.jpg
魚の鱗のような形をした小さな雲は、まるでスイミーの絵本のように一つの固まりとなり、誰にでもあった過去の時間を照らした太陽は、雲に隠れながら今日の役割を終えようとしている。
080902-29.jpg
時が経つごとに、湖面に映るスポットライトはその長さを変えていき、あんなにもはっきりとした色だった空は、薄明るい空へと姿を変えていく。
080902-30.jpg
展望台から見下ろす木々の周りを、無数のトンボが飛び交う。
080902-31.jpg
もうすぐ日は暮れる。
でも、今目の前にある夕日は世界のどこかで朝日となって、全ての人に訪れる新しい時間を照らし続ける。
皆様のクリックで、青森を応援してください!人気blogランキングへ。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。「10年後でも古びないモノ・コトづくり」をコンセプトとした商品・サービス開発、既成品リニューアルをはじめ、食と旅がテーマのコンテンツ制作・事業、編集、撮影、執筆、漫画原作、講演を手がけています。プロフィール・事業実績はこちらから