下赤塚・フランス製菓 たぬきケーキ(250円)

05/07/2013東京,練馬区/豊島区/板橋区,スイーツ,ひるたび・さんぽ

フランス製菓-01
ご当地らしいケーキとして頭に思い浮かぶのは、
地場食材が使われているものが大半で、
食文化系というよりは食材系。
だから、お店ごとに味も姿も異なるものです。
一方、青森のご当地ケーキ•タヌキケーキは、
それと一線を画します。
バタークリームがたっぷり詰まった、
タヌキの形をしたケーキ。
県内の洋菓子店で見られる姿にほぼ差はなく、
お店のガラスケースに佇む姿に、
不思議な安らぎを覚えるものです。
なかなか、都内では見かけないものですが、
下赤塚の洋菓子店で捕獲しました。
フランス製菓という店名も、
青森でいう栄作堂みたいで、
心地よい響きです。
もちろん、中に詰まっているのは、
たっぷりのバタークリーム。
一口ごとにほぐれる独特の重量感。
芯までしっかり詰まってないと、
タヌキじゃありません。
近代の洗練された生クリームケーキの食後感とは真逆。
だからこそ、食べ終える頃には、
青森が恋しくなるものです。

著者プロフィール

takapu

ごはんフォトグラファー/Local-Fooddesign代表
食にまつわる各種コンテンツ制作(フォトグラファー、エディター、フードライター、インタビュー)、商品開発・リニューアル提案、PRツール・ロゴ制作などを手掛けます。
創業75年以上の老舗食堂を紹介するウェブサイト百年食堂の制作・運営もしています。
Local-Fooddesign

Posted by takapu