東京 京橋 カレー ひるベスト!!!

京橋・京橋屋カレー スパイシーチキンカレー 熟成(1850円)

投稿日:07/08/2007 更新日:

 旨いランチと地元食フリークの皆様、ひるどきでございます!!!!!!
 ところで、現在のひるどきは何位になっているでしょうか?
070807-07.jpg
 NY帰りのこの方と一緒に、自分が考える京橋四天王の一軒である、このカレー屋さんに。
 
 細い階段を上がって、店内に広がる「カレー屋さんかくあるべき」といった香りの中を進み、窓際の席に座ってメニューを見て目に入ったのが、限定5食だというスパイシーチキンカレー。お店の方に残りがあるか確認したところ、残すは1食。ということで速やかに注文。
070807-09.jpg
 刺激を主張するのではなく、そっと包んでくれるかのように優しく広がる芳醇なスパイスの香り。そしてソースを口にすると、たっぷりと使われたみじん切りタマネギの甘さと、かすかにシュクシュクとした舌触り。深くてコクがあって、そこからスパイスの刺激がじんわりと、口の中を騒ぎ立てずに静かに広がる。
 また、そんなソースでしっかりと煮込まれた鶏肉も、柔らかな噛み心地から広がるのは、ぎっちりと詰まった旨み。決して強すぎない個性なのに、自己主張はしっかりとなされている。
070807-08.jpg
 そして、このカレーの旨さを一回りスケールアップさせているのが、仕上げに注ぐスパイスオイル。元々、小麦粉を使ってないソースなので、タマネギによるトロトロ感が際立つぐらいに、全体は滑らかな作りになっているのだが、これが加わることで、ソースに強さと個性が生まれている。
 値段が値段なので、じっくりと食べようと思ったものの、そんな間もなくがっついてしまった。まるで、家庭のカレーがえらく旨くなったかのようなカレー。でも、これは家庭じゃ作れないこだわりに満ちた味。
 何回でも飽きない、何回でも食べたい。このカレーはそんな不思議なカレーである。
 今日もご覧いただきありがとうございます。もう一押し、お願いします。人気blogランキングへ

  • この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家 食や旅をテーマにした商品開発や既成品リノベーションを始め、コンテンツ企画、取材・執筆・撮影、PRツール制作、漫画原作、講演、事業所の強みづくりコンサルティングを手がけています。 詳しいプロフィールはお仕事に関するお問い合わせは、下のリンクからお願いいたします。

-東京, 京橋, カレー, ひるベスト!!!

関連記事

Copyright© ひるどき日本ランチ日記 , 2018 All Rights Reserved.