京橋・松若 カツ・コロランチ(1,050円)

10/03/2008東京,京橋,揚げ物,ひるグッド!

 旨いランチと郷土食フリークの皆様、ひるどきでございます!!!!!! 
さて、現在のひるどき、順位はいかほどに?
 
080310-00.jpg
 京橋の高速に平行して走る一本道。京橋屋カレーや恵み屋といった、ランチタイムにうってつけのお店が並ぶこの通りに、先月新しく加わったのは、このトンカツ屋さん。少し洒落た外観には「雨の日は外に暖簾を出せませんが営業中です」という暖簾が。
 この引き戸を開くと、左を向くと2階のテーブル席への階段、そして目の前にはもう一つの引き戸があり、そこから垣間見えるのは満席のカウンター。
 カウンターに空席ができ、今まさにお腹を満たしたばかりのお客さんとすれ違って、カウンター席に座り、メニューを見ると…
080310-01.jpg
 オーソドックスなトンカツライスや、ハンバーグフライ、チキンカツも置いてある。しかし、メニューの裏には…
080310-02.jpg
 ズラッと並んだ組み合わせメニュー。これは悩む。上から下まで目を通した結果、カツとコロッケのセットを注文。カウンターを隔てて、厨房ではおばぁちゃんを筆頭に、3人の女性がテキパキと動いている。フライパンでオムレツを焼いたり、カツの下ごしらえをしたり。まるで、少し前の家庭の台所のようだ。
080310-03.jpg
 主役のカツやコロッケはもちろん、目の前に出されたライスにしても、見ただけでボリューム満点。
080310-04.jpg
 厚さ約1.5センチのカツは、粗めのパン粉によるザックリとした強い食感から、肉にたどり着くまで、全てがっしりとした作り。ソースをかけたり、カラシを塗ったり、塩を振ったり。8つ切りになっているので、好きな味で好きな量を楽しめる。
 そして、コロッケ。
080310-05.jpg
 小判型ではなく、俵型のコロッケ。まずは、この形がうれしい。箸で食べやすい大きさにしてみると、
080310-06.jpg
 パサパサ感のみじんもないぐらいに、しっとりとしたジャガイモとタマネギ、そしてひき肉によるタネが現れる。下味が少し濃い目になっているので、ソースや塩はいらない。でも、カラシは欠かせない。そんな家庭的なコロッケ。
 食べ終わると、次に食べたいセットを無意識に目で追いかけているのが、なんとなく自分でも判るのだが、この選択肢の豊富さ、そしておばぁちゃんの手によって生み出される味。これが一番の魅力に違いない。
 今日もご覧いただきありがとうございます。もう一押し、お願いします。人気blogランキングへ。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。食にまつわるテーマを中心に、新商品・サービスの開発とリニューアル、プロモーション・コンテンツの企画制作。各種編集、取材、撮影、執筆、講演をワンストップで手がけています。サービス内容はこちら。>>Local-Fooddesign

Posted by takapu