近畿 ラーメン・ちゃんぽん 中華料理/その他中華系料理 ひるベスト!!!

京都・新福菜館本店 中華そば(並)とヤキメシ(650+500円)

投稿日:

新福菜館-01.jpg
京都駅周辺で昼食を食べる。
これって意外にハードルが高いものです。
というのは、駅前には湯豆腐や会席のような、
いわゆる京都らしさの象徴たる食べ物が、なかなか見当たらず、
錦市場に行けば色々あるものの、
この季節、暑さが強い京都で駅から歩くにもちょっと…という具合だから。
そこで、足を運んだのが京都の老舗ラーメン屋さん。
お昼少し前の到着だったのですが、
隣の第一旭と共に店頭には行列がありました。
偶然できた空席に飛び込み、壁に貼られたメニューから注文したのは、
中華そばの並サイズとヤキメシ。
なんといっても特長はこの黒いスープ。
そこに浮かぶ鮮やかな九条ネギの色と香り、
たっぷりのチャーシュー。
このコントラストは唯一無二でしょう。
レンゲでスープを掬い口に運べば、
色のイメージと違って塩濃くない味に驚き、
丸い黒醤油の味わいに染まった、
かんすい少なめのストレート麺を啜れば、
青森のまるかいのようなムチムチ感を思い出します。
強いハリというのではなく、
どこか繊細な食感の余韻を舌に残すのが、
京都らしさといったところでしょうか。
そして、もう一品ここで欠かせないのがヤキメシ。


新福菜館-02.jpg
これもまた黒々と輝く一品。
一口食べれば、こちらはしっかり目の味付け。
なのでビール向けの印象ですが、
食べ進めるほどにラーメンスープとの相性を強く感じ、
どちらが欠けるという発想が浮かばなくなります。
京都的な要素は真逆な感じなのに、
心惹かれるのは絶対的な味の魅力。
ある意味、これは「京都に旨いものを食べに来た」の
踏絵的な存在なのかもしれません。

  • この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家 食や旅をテーマにした商品開発や既成品リノベーションを始め、コンテンツ企画、取材・執筆・撮影、PRツール制作、漫画原作、講演、事業所の強みづくりコンサルティングを手がけています。 詳しいプロフィールはお仕事に関するお問い合わせは、下のリンクからお願いいたします。

-近畿, ラーメン・ちゃんぽん, 中華料理/その他中華系料理, ひるベスト!!!

関連記事

Copyright© ひるどき日本ランチ日記 , 2018 All Rights Reserved.