仙台駅・牛肉どまん中(しお)と、むすび丸おむすび弁当

17/08/2010東北,テイクアウト,ひるたび・さんぽ

100530-07.jpg
仙台から東京に帰る新幹線、
そのお供に欠かせないのは駅弁。
ただ、ここは駅弁激戦の地・仙台駅。
売店に並ぶ駅弁の種類に驚いて迷ってしまうと、
出口の見つからないループに突入してしまう。
で、たまたま構内に他の東北駅弁を扱う売店を発見。
「牛肉どまん中」の塩味を発見したので早速購入。
100530-08.jpg
中身は、牛もの2品がいずれも塩味になったもの、
そしていつもの面々。
牛肉おかず=煮込んで醤油味というのが定着している一方で、
そもそも塩味肉の駅弁はあまり見ない。
でも、これは牛肉どまん中、安定した味。
そして、新幹線ホーム売店で買ってしまったのが、
むすび丸おむすび弁当。
100530-09.jpg
宮城ディスティネーションキャンペーンで生まれた
「むすび丸」をフィーチャーしたお弁当。
箱にでっかく描かれたその顔と、スポーツバージョン、
甲冑バージョン、そして踊りバージョンのイラストが、
むすび丸フリークの心をくすぐる。
100530-10.jpg
※白おむすびから、パプリカが落ちてます…
中身も、非常にわかりやすい。
煮、焼、揚、卵焼きという定番系のおかずなのに、
魅力的に感じるのは、2つのおにぎりの力のせい。
伝統のある弁当の発展系と、キャラクタープロモーションの駅弁。
そこに共通するのは地域で強く定着する素材。
やっぱり、地域に定着する素材は持つだけじゃ意味がないと
妙なところで感じた。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。食にまつわるテーマを中心に、新商品・サービスの開発とリニューアル、プロモーション・コンテンツの企画制作。各種編集、取材、撮影、執筆、講演をワンストップで手がけています。サービス内容はこちら。>>Local-Fooddesign

Posted by takapu