八戸・達 唐揚げ+ライス(700+150円)

07/03/2011

110304-002.jpg
東北町方面に向かう途中、
青い森鉄道に乗換えるまでの45分でお昼を食べようと決めていて、
お店も八戸の駅前にある「達」という中華料理店に決めていた。
どの料理のボリュームもすごいという噂は聞いていたが、
お目当ての唐揚げを注文したら、ゲンコツ大の唐揚げがドドンと6つ。
熱々の唐揚げとごはんの往復をして、
ごはんが無くなったところで胃袋がギブアップ。
結局、3個しか食べられなかったので、
残りはプラケースをもらってお土産に。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。「10年後でも古びないモノ・コトづくり」をコンセプトとした商品・サービス開発、既成品リニューアルをはじめ、食と旅がテーマのコンテンツ制作・事業、編集、撮影、執筆、漫画原作、講演を手がけています。プロフィール・事業実績はこちらから