六本木・アウグスビアクラブ もう一度、桜と会おう。

10/05/2012東京,六本木・神谷町,揚げ物,よるどき

アウグスビアクラブ-01.jpg
東京から桜色が消えてから1ヶ月。
まだ余韻に浸っていたいと思っていたある日、
六本木に満開の桜があると伺って
このお店に足を運びました。


店内には、桜を始めとした数々の写真パネル。
ここで、スズキアサコさん・永野雅子さんによる二人展「grace」
が開催されていたのです。
店内を回って、お気に入りの写真をみつけたらそこが特等席。
アウグスビアクラブ-02.jpg
フィッシュアンドチップスや
アウグスビアクラブ-03.jpg
焼きテリーヌをおつまみに、
アウグスビールを飲み干す。
アウグスビアクラブ-04.jpg
ビールを変えたところで、
サーモンのカルパッチョや
アウグスビアクラブ-05.jpg
カルボナーラピザをつまみながら、
写真を眺めたり。
アウグスビアクラブ-06.jpg
締めは、青森は深浦町の特産品・ふかうら雪人参のパウンドケーキ。
やさしい甘さは、桜のある風景に流れる空気と似ています。
そんな作品に会えるのは13日まで。
普段、パソコンの画面でしか写真に触れてないので、
プリントされた作品を見ること自体が新鮮で、
ハッと息を飲んでしまいました。
もう一度、桜に会いに行くのもいいものですし、
写真って凄いんだなぁと、
本質みたいなものに気づかされます。

著者プロフィール

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。食と旅にまつわる商品・サービスの開発とリニューアル提案を中心に、PRツール・ロゴ制作、各種コンテンツ制作(編集、ライター、インタビュー、撮影)をワンストップで手掛けています。
Local-Fooddesign

Posted by takapu