神奈川 関東 スイーツ ひるグッド!

川崎・ボナール洋菓子店 たぬきケーキ

投稿日:25/02/2007 更新日:

07-02-18-1.JPG
 
 このケーキの存在を知ったのは、自分が愛読しているこちらのブログ。座っている姿をモチーフにしたと思われる、このどっしりした下半身を持ち、愛くるしさに満ちたケーキが食べたくて仕方が無かったのだが、自分が住んでいる相模原市で、このケーキを作っているお店を見つけることができなかった。
 ところが、ぺるしぃでブイヤベースを食べた際に、この方からおみやげとして頂いたのが、まさにこのたぬきケーキ。興奮のまま、最初の写真を照明コンディションがいいぺるしぃで撮影し、自宅に帰ってからケーキの下半分の包装を解くと、
07-02-18-2.JPG
 カップケーキとなっていた。で、ためらいつつケーキを半分にすると…
07-02-18-4.JPG
 頭の部分にはぎゅっとバタークリームが詰まっており、胴の部分にはあんずジャムとなっていた。
 香りがフワッと広がるスポンジは、ほのかに甘くしっかりと作られた昔ながらの味。また、あんずジャムはスポンジの味に刺激と変化を与えて、チョコレートとの組み合わせを含めて、全体を上手く引き締めている。
 一方、ボリューム感たっぷりのクリームは、思ったよりはしつこさがなく、むしろチョコレートが意外にもあっさりしているので食べやすい。また、口の中でクリームを動かすと、ブヒョブヒョとした不思議な空気感というか、独特な感覚を楽しむことができる。ちなみに、耳はアーモンドでできており、さりげなくアーモンドチョコとなっている。
 有名パティシエが作るような、芸術的な装いを持つケーキとは対照的な位置に立つたぬきケーキ。それは、ドンパッチや「おひるだよ」のように、食べた経験を共有する人と、「あー、私も食べたことがあります」という思い出話ができるであろう、数少ないお菓子だと思う。
 今のケーキは、何年後かに思い出として語る対象になりうるのだろうか。そして、いつからケーキは子供よりも大人が楽しむものになってしまったのだろうか。
-------------- 
 今日もご覧いただきまして、ありがとうございます。こちらもクリックいただけるとうれしいです。人気blogランキング・レストラン・飲食店部門)へ

  • この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家 食や旅をテーマにした商品開発や既成品リノベーションを始め、コンテンツ企画、取材・執筆・撮影、PRツール制作、漫画原作、講演、事業所の強みづくりコンサルティングを手がけています。 詳しいプロフィールはお仕事に関するお問い合わせは、下のリンクからお願いいたします。

-神奈川, 関東, スイーツ, ひるグッド!

関連記事

Copyright© ひるどき日本ランチ日記 , 2018 All Rights Reserved.