弘前・qiora 一杯の冷たいコーヒーを口にしながら、街の香りを全身に浴びる。

30/08/2009青森,東北,カフェ/喫茶店,ひるグッド!

090709-14.jpg
弘前に住む人が共通して話すのは、「この街には、香りがある。」ということ。
確かに、歴史、文化、自然、人・・・色々な香りが融合している街だから、何もせずただただ闊歩しているだけでも楽しめる。そして、そんな街の香りを一層豊かにしてくれるカフェが、この街には無数にある。
弘前大学の近くにある、このお店もその一つ。
090709-13.jpg
店内に踏み入れると、アンティークのテーブルとソファーでできた空間。ただ、統一感を持って同じテーブルセットが並ぶのではなく、違った組で席が用意されている。だから、一つの空間に無数の世界が存在している。
090709-12.jpg
冷たいコーヒーにミルクを入れて喉をうるおす。たまたま、店内には他のお客さんはいなかったのに、賑やかに感じたのは、きっとソファーとテーブルごとに、似合うお客さんのイメージが思い浮かぶから。
一つ一つの家具が持つ物語を一つの空間で楽しみながら、過ぎる時間に身を委ねる。もしかすると、このお店は弘前という街が持つ空気を凝縮しているのかもしれない。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。食にまつわるテーマを中心に、新商品・サービスの開発とリニューアル、プロモーション・コンテンツの企画制作。各種編集、取材、撮影、執筆、講演をワンストップで手がけています。サービス内容はこちら。>>Local-Fooddesign

Posted by takapu