東京 渋谷区 よるどき

恵比寿・蟻月 3種類のモツ鍋と副菜、そしてデザート

投稿日:09/02/2007 更新日:

07-02-08-4.JPG
 全然まったくとんでもなく予約が取れないという、恵比寿のモツ鍋屋さんへ、こちらの方のおかげで足を運ぶことに。他の参加者は、某夕刊紙に登場したこの方、某ビーズアクセサリーデザイナーのこの方、某お酒が大好きなこの方、そして某「ブログは文章命!」なこの方
 20:30集合で、まずは色々な副菜を注文して食べる。
07-02-08-5-2.jpg
 左上から時計回りに、ショウガ、卵焼き、馬刺し、鶏の唐揚げ。そして、自分が一番気に入ったのは…
07-02-08-6.JPG
 この酢モツ。コリっとした弾力から広がる旨みは、酢によってさっぱりした味付けの中で、しっかりと自己主張した味。タマネギの細切りの酸味も効果的で、酸のグラデーションになっている。
 そして、3種類のモツ鍋が運ばれてきた。
07-02-08-7-2.jpg
 上から、赤のもつ鍋、金のもつ鍋、そして白のもつ鍋。あっさりしたものから、濃厚なものに流れるように運ばれてきたのだが、いつの間にか蓄積していたのが白に入っているニンニクの味。そして、モツや野菜の旨みが一番感じられたのは赤のもつ鍋。
 で、これらを食べ終えた後には、3つの鍋種のダシに、チャンポンか五島うどんを入れるか、雑炊にすることができるのだが、実は、食べ終えた各鍋のダシがそのまま残されており、そこに投入されるというシステム。旨みがしっかりと出ているので、それはそれでいいのだが、最初に見ると驚きである。
07-02-08-7-3.jpg
 ちなみに、一番相性がよかったのは、白のもつ鍋のダシに五島うどんを入れたもの。これらを食べて、かなり満腹になったところで、デザート3種類を注文。
07-02-08-7-4.jpg
 左は、日替わりのシャーベット、右はさつまいもと餡子が入ったお饅頭。そして、宇治金時は…
07-02-08-19.JPG
 なぜか、すり鉢に入って登場。で、実はデザートはかなり旨い。3つしか置いてないので、逆に個々に気合が入っている。
 ちなみに、ここのカルピスは少し濃い目なので、少し飲んだところで、水の追加が必須である。
-------------- 
 今日もご覧いただきまして、ありがとうございます。人気blogランキング(レストラン・飲食店部門)も、ぜひご覧ください。

  • この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家 食や旅をテーマにした商品開発や既成品リノベーションを始め、コンテンツ企画、取材・執筆・撮影、PRツール制作、漫画原作、講演、事業所の強みづくりコンサルティングを手がけています。 詳しいプロフィールはお仕事に関するお問い合わせは、下のリンクからお願いいたします。

-東京, 渋谷区, よるどき

関連記事

Copyright© ひるどき日本ランチ日記 , 2018 All Rights Reserved.