東京駅・松川弁当

05/12/2009東京, 丸の内/八重洲/神田, テイクアウト, ひるベター!!

091024-01.jpg
東京駅に着いたらグランスタの地下に行き、未だ自分が食べたことがない駅弁を探す。北上する新幹線に乗る前の自分に欠かせない儀式だ。
で、この日手に取ったのはこの一品。掛け紙のデザインがノスタルジーしてるのがいい。
091024-03.jpg
中身はとにかく大胆。白ご飯に敷き詰められた焼肉、脂の重さがなく、味付けの加減がすごくいい。お茶に合うしビールに合うしというポジションは誰もが好く味に違いない。
091024-02.jpg
そして、もう一つの目玉がこの肉団子。味付けがダブることなく、気持ち甘目のたれを纏った団子を食べると、不思議と焼肉に戻りたくなるリズムが生まれる。
あまり、同じ弁当を買わないように心掛けているものの,これは繰り返したくなる味だ。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。「10年後でも古びないモノ・コトづくり」をコンセプトとした商品・サービス開発、既成品リニューアルをはじめ、食と旅がテーマのコンテンツ制作・事業、編集、撮影、執筆、漫画原作、講演を手がけています。プロフィール・事業実績はこちらから

Posted by takapu