桜台・破顔 汁なし(中・650円)

06/11/2011東京,練馬区/豊島区/板橋区,ラーメン・ちゃんぽん,よるどき

111026-01.jpg
西武池袋線の窓ガラス越しに、
雨粒が見えつつあったある日の夜、
ふと麺ものが食べたくなって、
訪れたのが桜台の駅。
駅から20秒ぐらい全力疾走すれば、
目当ての破顔にたどり着いてしまう。
本当にありがたい場所にあるものです。
食券機で汁なしの中のチケットを買って、
チャーシューが炙られるのを眺めつつ、
待つことしばし。
タレと麺をおもむろに混ぜる、
魚粉の香りをまとった器から、
服に液体が跳ねない塩梅の量をすする。
モグモグと麺の太さや弾力を楽しむ、
熱々のチャーシューを頬張る。
一気に食べ尽くす。
スープ割りを飲み干して身体を温める。
で、雨の中を再び駅までダッシュする。
滞在時間は約30分弱。
こんな途中下車もいいもんです。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。食にまつわるテーマを中心に、新商品・サービスの開発とリニューアル、プロモーション・コンテンツの企画制作。各種編集、取材、撮影、執筆、講演をワンストップで手がけています。サービス内容はこちら。>>Local-Fooddesign

Posted by takapu