江古田・てるてる坊主 サク天ぶっかけ(720円)

27/02/2013東京, 練馬区/豊島区/板橋区, うどん, よるどき

てるてる坊主
夕食のイメージが沸かなかったある日の晩。
ふと思い出したのが、江古田の市場通りに店を構える讃岐うどんのお店。
店頭を彩るメニューの張り紙に悩みつつ、
食券機のサク天ぶっかけボタンを押して、
カウンターに腰掛けます。
寡黙なご主人が生み出すうどん。
しなやかなハリが割り箸越しに、
モチモチの食感が顎越しに。
うどんを啜る楽しさが、全身を駆け抜けます。
そこに、熱々サクサクの天麩羅。
大振りのエビにちくわにカボチャ。
ボリュームに圧倒されてしまいます。
ぶっかけつゆを吸った衣もたまりません。
次はかけうどん系かはたまたカレーうどんか。
ファーストコンタクトで得た好印象には、
しっかりとコシがあるものです。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。食にまつわるテーマを中心に、新商品・サービスの開発とリニューアル、プロモーション・コンテンツの企画制作。各種編集、取材、撮影、執筆、講演をワンストップで手がけています。サービス内容はこちら。>>Local-Fooddesign

Posted by takapu