虎ノ門・リズカレー東京 テールカレーとテールシチューのハーフ&ハーフ(1,100円)

19/04/2007東京,虎ノ門,カレー

07-04-19-1.JPG07-04-19-2.JPG
 虎ノ門のマクドナルドの角を曲がって少し進むと見える、ちょっとカフェっぽいカレー屋さん。
 店内に入って食券機で買ったのが、このお店名物であるテールカレーとテールシチューのハーフ&ハーフ。
 カウンターに座って待つこと約7分、運ばれてきたプレートの真ん中にはライスが盛られ、その両サイドに半分ずつソースが注がれていた。
 まず、テールカレーを口にすると、牛テールのコクと野菜の甘み。そして、最後にスパイスがじわっと広がるという展開。ソースの水分が少なく、じっくり丁寧に作られたことが見た目と味から伺える。
 一方、テールシチューは、トマトやニンジンの甘みが前に出た作りなのだが、ライスとの相性という点では、野菜の甘みが強すぎるゆえに、ちょっと違和感あり。これがパンだったら…という感じである。
————– 
 今日もご覧いただきまして、ありがとうございます。人気blogランキングへ

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。食にまつわるテーマを中心に、新商品・サービスの開発とリニューアル、プロモーション・コンテンツの企画制作。各種編集、取材、撮影、執筆、講演をワンストップで手がけています。サービス内容はこちら。>>Local-Fooddesign

Posted by takapu