赤坂・會水庵 さんまのいしる焼き丼(1,100円)

09/01/2007

07-01-09-0.JPG
 カキフライを食べるべく、とあるとんかつ屋さんに向かったところ、「ウチはカキフライやってないんですよ」という話を受けて、お店を出ると目の前にあったのがこのお店。店頭の「さんまのいしる焼き丼」の文字に惹かれて入店し、そのまま注文。
 職人さん一人で16席分の料理を作るので、多少時間を要して待つこと15分。カウンター越しに出されたのは、お盆に乗った丼と小鉢、そして味噌汁。
07-01-09-1.JPG
07-01-09-2.JPG
 いしる(漁醤)を塗って焼かれたさんまが、豪快に1枚乗った丼。いしる自体は香りが強烈なものではないので、魚の旨みを作る層が一枚厚くなるという具合。また、ごはんは少しやわらかめなので、さんまの食感が一番強い。
 
 小鉢を食べながら丼を食べて、途中でごはんにトロロをかけて食べる。
07-01-09-3.JPG
07-01-09-4.JPG
 トロロといえば牛タンというイメージが一番強いが、この組み立てもありだということに納得。ただ、値段を考えると、プラス100円で穴子丼を食べるべきだったかなぁというのが本音か。
————– 
 今日もご覧いただきまして、ありがとうございます。人気blogランキング(レストラン・飲食店部門)も、ぜひご覧ください。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。「10年後でも古びないモノ・コトづくり」をコンセプトとした商品・サービス開発、既成品リニューアルをはじめ、食と旅がテーマのコンテンツ制作・事業、編集、撮影、執筆、漫画原作、講演を手がけています。プロフィール・事業実績はこちらから

東京, 赤坂, 和食

Posted by takapu