赤坂・L’arcobaleno バッカラ(鱈)のカルボナーラ(1,000円)

11/12/2006

06-12-11-0.JPG
 赤坂に来る度に、このビルの形がどこかしら変わっており、それを眺めるのが好きではあるのだが、完成するのは2008年。やはり、外箱を作るのは簡単であっても、内装にはえらく時間がかかるということであろうか。
 で、そんなことを考えながら、とあるビルの地下にあるイタリアンへ。注文したのは、鱈を使ったカルボナーラ。まずは、いつものスープとサラダ、そして自家製のパン。
06-12-11-1.JPG
 スープはジャガイモのポタージュ。素材が持つ甘さに生クリームのコク、ここにチーズの塩分による味付けと、強さが加わっている。
 
 これらを食べ終えると、カルボナーラが運ばれてきた。
06-12-11-2.JPG
 これを見て、最初に思ったのが「鱈の身が見えない」ということ。
 探るように、フォークに絡めて口にすると、ソースからはほんのりと塩味が。そう、このカルボナーラは、細かくした鱈をミルクで戻して一体化したものに、クリームやパルメジャーノチーズを組み合わせたものに、スパゲティを絡めているので、手前に見える具はジャガイモである。
 なので、チーズの味に鱈の塩味が効いており、最初から最後まで濃厚な味が持続する。しかも、鱈の繊維感はまったく感じず、なめらかな口当たり。そして、ここにアルデンテのパスタの強い食感と、ジャガイモのホクホクした食感という、2種類の食感が加わる。
 また、クリームゆえに熱が逃げないことで、最後にはパスタがゆるくなるのではと思ったのだが、そんなことを感じることなく食べ終えると、いい意味でクセのある一皿だからこその力を、余韻として感じる。
 そして、食後のエスプレッソによる苦味で、口を引き締めて店を出ると、地下に篭った隠れ家から地上への開放感を感じながら、もう一度あのビルを目の前に見るのである。
06-12-11-4.JPG
————– 
 今日もご覧いただきまして、ありがとうございます。人気blogランキング(レストラン・飲食店部門)も、ぜひご覧ください。