東京 多摩地域

都内某所・27時間前の牡蠣・鰤しゃぶ会

投稿日:13/02/2008 更新日:

 旨いランチと郷土食フリークの皆様、ひるどきでございます!!!!!! 
さて、現在のひるどき、順位はいかほどに?
 
080212-06.jpg
 ある日、こちらの方から「牡蠣と鰤しゃぶパーティーを開催します!」というご案内をいただき、参加される方を伺うと、カキタベ!をこのランキングに選出していただいた、こちらの方も参加されるということで、速やかに参加登録を完了。
 で、会場となるこの方の自宅へ伺うと、ワイシャツ姿で牡蠣剥きに奮闘するこの方の姿が。その後、こちらの裏カキタベニストも合流し、パーティの準備を進めているとこちらの方が到着。
 自分はノンアルコールビールで、他の方々はビールで喉を潤した後、料理を堪能させていただくことに。


080212-02.jpg
 カラっと揚がった手羽先は、ゴマの香ばしさとコクがタレの味に一層の深みを加え、骨にこびりついたお肉を残すことなく一本一本むさぼって楽しむ。
080212-04.jpg
 山芋とベーコンのソテーは、焦げ目が味も食感も引き締めており、飲み物を更に進めてくれる。
080212-05.jpg
 そして、生牡蠣は2種類。こちらは宮城の唐桑産のもの。細長い形のものが多く、滑らかな表面が口当たりの軽さにつながり、歯を動かすとシャクシャクとした感触に近い細胞の弾力を感じる。また、外套膜の厚さの割りに強い磯臭さがないので、全体にすっきりとした味になっている。
080212-07.jpg
 そして、兵庫は坂越産のもの。サイズとしては唐桑よりも気持ち小さめだが、味はこちらのほうが岩牡蠣に近く濃い。また、磯味を持っているものの、それが塩味に転化されているといった具合。
 で、このイベントのもう一つの目的は、「アイラ島のモルトウィスキーを、生牡蠣に注いで食べる」という、村上春樹の「もし僕らの言葉がウィスキーであったなら」スタイルを実践すること。
 ということで、ボウモアを数滴注いで口にすると、口の中でアルコールが液体から気体になるのと同時に、磯の香りと相まった複雑な香りが一瞬にして四方八方に膨らむ。そして残るのは香りと一体になることで、更に味が際立った牡蠣の旨み。
 お酒が飲めない自分ではあるが、度数が高い酒だと一瞬にして液体が飛ぶので、これであればという印象を受けた。レモンを絞った生牡蠣にはない魅力を備えたこの組み合わせ、一度は経験を。
 そんなこんなで、生牡蠣やオードブルを食べている間に、鰤しゃぶの準備が整いつつあった。
080212-09.jpg
 ブリの胃袋を裏返したものを湯引きにして、酢味噌と少しの塩で和えたもの。独特の強い弾力はそれだけで終わることなく、不思議な旨みとリピート力を持っている。
 そして、ブリの半身が綺麗に下ろされて登場。
080212-08.jpg
 あとは、赤い身を昆布だしにさっとくぐらせて、表面が白くなったら食べごろの合図。
080212-10.jpg
 生で食べるよりも旨みが増すというより、これは別物。胡麻油とわさびというスタイルで食べると、生の香りから胡麻の芳醇な香りになり、ワサビの刺激がブリの旨みを更に引き出してくれる。
 というところで、時計は23時となったので、家が遠い組は会場を後に。この後、牡蠣雑炊やえらく旨いコーヒーが登場したという話を聞いて、切なさが湧いてきたのが悩ましい…
 今日もご覧いただきありがとうございます。もう一押し、お願いします。人気blogランキングへ。

  • この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家 食や旅をテーマにした商品開発や既成品リノベーションを始め、コンテンツ企画、取材・執筆・撮影、PRツール制作、漫画原作、講演、事業所の強みづくりコンサルティングを手がけています。 詳しいプロフィールはお仕事に関するお問い合わせは、下のリンクからお願いいたします。

-東京, 多摩地域

関連記事

Copyright© ひるどき日本ランチ日記 , 2018 All Rights Reserved.