銀座・三州屋 カキフライ定食(1,100円)

101004-01.jpg
さぁ、仕切り直し。
前週の金曜日に、牡蠣フライにふられてしまい、
悶々とした土日を過ごす中で、
こちらの方から「カキフライ、来週から開始」の一報。
ということで、三州屋ののれんをくぐって、
カキフライ定食を注文。
101004-02.jpg
少し小降りなものも混ざった5粒、
とはいえ、最大8センチの身に詰まったエキスは、
この時期的には申し分なし。
ハードな衣に負けない牡蠣の力があるからこそ、
三州屋のカキフライであり、
この衣だからこそ三州屋のカキフライ。
ご飯を少なめにして、一口一口ほおばるカキフライの味は、
やっぱり自分にとって秋の訪れを告げてくれる大切な一品だ。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家

食や旅をテーマにした商品開発や既成品リノベーションを始め、コンテンツ企画、取材・執筆・撮影、PRツール制作、漫画原作、講演、事業所の強みづくりコンサルティングを手がけています。

お仕事に関するお問い合わせは、local.fooddesign@gmail.comまでお願いいたします。

takapuをフォローする
東京銀座揚げ物ひるグッド!
ひるどき日本ランチ日記