東京 銀座 うどん

銀座・佐藤養助 二味(1,100円)

投稿日:26/01/2007 更新日:

07-01-26-1.JPG
 以前、川崎大師の商店街で食べた、稲庭うどんの佐藤養助が、銀座に店を構えたということで、足を運んでみると、そこは黒が基調の床や壁、そしてウォータースクリーンまで揃った、まるでクラブのような空間だった。
 スクリーンを背にしてソファーに座り、メニューから注文したのは、醤油つゆとゴマだれの2種類楽しめるという二味というメニュー。
 で、これを注文した際、店員さんから「量が少ないですが、普通盛りでよろしいでしょうか?」という、今まで経験したことがないアナウンス。ただ、うどんを大盛りにすると150円プラスだったので、まずは普通盛りで注文。
 待つこと約10分、目の前にうどんが運ばれてきた。
07-01-26-2.JPG
 「うどんの右側から取ると、からまずに取れます」という話だったので、右側から取って醤油のつゆに浸して食べると…うどん自体の張りやノド越しはいいものの、以前と同じくつゆは少し辛め。
 次に、ゴマだれに浸して食べると、最初は「濃すぎる」という印象をうけたものの、噛むごとに中和されていき、最後はほどよいバランスに。
 とはいえ、実は一番旨かったのが、テーブルの上におかれていた塩を、うどんに振りかけて食べた味だというのが、正直悩ましい。
 懸念だった量については、ノド越しを重視してあまり咀嚼せずに食べると、鳥めしが付いてくるものの、全体的に足りないのであろうが、自分としてはこの程度で十分。
 あとは、内装や料理全体を思うと、このお店の位置づけというのが、うどんを食べる目的として行くお店ではなく、何かの手段として行くお店だという印象と、ウォータースクリーンを背にすると、結構身体が冷えるという事実が強く残った。
-------------- 
 今日もご覧いただきまして、ありがとうございます。人気blogランキング(レストラン・飲食店部門)も、ぜひご覧ください。
 そして、神戸の町と旨いものと、兵庫のカキを食べまくった、「神戸突撃隊!」シリーズを初めました。記事は随時掲載いたします。
 その1 ~新開地・トシヤ 「そば焼」と「うどん焼」(各500円)~

  • この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家 食や旅をテーマにした商品開発や既成品リノベーションを始め、コンテンツ企画、取材・執筆・撮影、PRツール制作、漫画原作、講演、事業所の強みづくりコンサルティングを手がけています。 詳しいプロフィールはお仕事に関するお問い合わせは、下のリンクからお願いいたします。

-東京, 銀座, うどん

関連記事

Copyright© ひるどき日本ランチ日記 , 2018 All Rights Reserved.