東京 銀座 ひるベスト!!!

銀座・南蛮銀圓亭 伊勢的矢産殻付生牡蠣、カキフライ、ソテーライス、ババロア、コーヒー(5,000円)

投稿日:06/03/2008 更新日:

 旨いランチと郷土食フリークの皆様、ひるどきでございます!!!!!! 
さて、現在のひるどき、順位はいかほどに?
 
080305-01.jpg
 カキフライの殿堂と呼べるお店が都内にはいくつかある。
 銀座界隈で言うと、居酒屋というベールをまとったカキフライ屋さんの「三州屋」だったり、洋食店の雄である「煉瓦亭」、自分は未食ながらも一度足を運んでみたい「みかわや」等々。おそらく、一人ひとりにとって殿堂と呼べるお店は異なるはず。
 そして、この南蛮銀圓亭も、カキフライの殿堂として名高いお店。
 ただ、下調べをしているうちに自分一人で行くには、多少雰囲気が上品すぎるということもあり、こちらのカキタベ!新・副委員長に同伴いただき、今後のカキタベ!の運営ミーティングを兼ねた会食となった。
 窓際の席に案内されメニューに目を通した後にしたことは、財布の有無を思い出し、財布の中身を確認し、そして腹をくくる。
 注文したのは、お昼に食べることができる牡蠣メニュー2品、的矢の生牡蠣プレート(2人でシェア)とカキフライ。そしてライスやパンが別料金だったので、ソテーライスなる一品。こうなると、勢いが付いたもの勝ちだ。
080305-02.jpg
 テーブル上のスライスされたバゲットを眺めつつ、富士ミネラルウォーターを口に含めつつ、まだ未ぬ生牡蠣とカキフライに思いを馳せる。それは副委員長も同じだが、実は経験済みということもあって、妙な興奮はなく、いい意味で淡々とそれが運ばれてくるのを待つ。
 そして、最近このお店に加わったという給仕さんによって、3個ずつシェアされた生牡蠣が運ばれてきた。


080305-03.jpg
 10センチクラスの生牡蠣を目の当たりにして、まず印象的だったのが、少し茶色がかった色合い。その色合いをじっくりと観察していると、なんと貝柱の横にある窪み越しに、ぷるっと動きが見えた。つまり、まだ生きているということである。
 産地以外の場所だと考えれば、これ以上なく新鮮な状態にある牡蠣。
 なので、レモンやカクテルソースを落とす前に、まずはそのままスルっと口に含む。すると、圧倒的な瑞々しさが口の中を潤して、歯が牡蠣の身に当たると、全身の弾力がシャクシャクと心地よい食感を生み出す。
 そして、この食感から生まれる磯の味が口から消えていくにつれて、今度は甘さが浮き上がってくる。この流れ、正に理想的。くっきりとした余韻を残して喉の奥に一粒目が消えた後、しっかりと殻についた貝柱をナイフ切り取って口にすると、まるで甘さでできているかのような味が口いっぱいに広がる。
 二粒目に、カクテルソースを落とすと、磯の味がケチャップとピリっと辛い刺激に入れ替わり、今度は自力の強さを感じることに。たいてい、強いソースを合わせると牡蠣の風味は消えてしまうので、自分はストレートかレモンしか使わないのだが、この牡蠣で合わせると味の形は変わるものの、本質がブレることはまったくない。
 三粒目にはレモンを絞る。酸味にリードされて広がるのは、やはり濃厚な磯の味。メリハリが利いた味がたまらない。よくよく考えると、これが6粒で2,600円というのは、オイスターバーを考えるとお得。そして、思えばもっとお得なメニューである、カキフライが目の前に。
080305-05.jpg
 一言で言うと、カキフライらしくない外観。俵型で均一なフォルムの揚げ物という印象を持って臨むと、そのギャップに驚くことになる。
080305-06.jpg
 きめ細かい衣に覆われたそれは、フライというよりはコートレットのような姿。
080305-09.jpg
 一つサクっとほおばると、単純にジューシーというよりは、むしろぎっちりと旨みが詰まったような味。衣の味ではなく牡蠣の味。シンプルにそれを引き出そうというのがこの形になった理由かもしれない。
 そして、秀逸だったのがタルタルソース。
080305-08.jpg
 牡蠣の味と同じぐらい濃厚で、やさしくて、そしてまろやか。カキフライを全部食べ終わっても、バゲットにこれを乗せて食べてしまう。
 ちなみに、今、このお店は前の場所から移転して、ビルの7階というシチュエーションにあるが、移転前には牡蠣の殻の上にカキフライを一つずつ乗せるというプレゼンテーションだったものが、移転してからは殻がなくなり代わりに数が一つ増えたとのこと。
 で、カキフライのお供になったのがソテーライス。
080305-07.jpg
 炒め油のコクが一粒一粒に絡み、一口、また一口と止まらなくなる。さしずめ、カキフライを食べるかソテーライスを食べるかといった具合。
 牡蠣と向き合った時間が終わり、流れでデザートを食べようと給仕の方に伺うと、ババロアがあるということなので早速注文。ところが、現れたのは…
080305-10.jpg
 まるで、プリンのようなババロア。手をつけがたい雰囲気ではあるものの、早速スプーンを入れる。
 ベースそのものは甘さ控えめの上品な味。なのに、少しだけザラっとした食感。その正体はお砂糖。フルフルとした食感にメリハリをつけて、しかも甘さを広げる。ここに、アルコールの芳醇な香りをまとったカラメルソースが絡むと、お子様向けのイメージだった一品が、大人向けの上質なデザートに昇華する。
 確かに、値段は安くない。でも、街の喧騒と無縁の空間で食べる味と記憶は、絶対に忘れがたいものとなる。ここぞのお店というのは、こんなお店に違いない。
 
 今日もご覧いただきありがとうございます。もう一押し、お願いします。人気blogランキングへ。

  • この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家 食や旅をテーマにした商品開発や既成品リノベーションを始め、コンテンツ企画、取材・執筆・撮影、PRツール制作、漫画原作、講演、事業所の強みづくりコンサルティングを手がけています。 詳しいプロフィールはお仕事に関するお問い合わせは、下のリンクからお願いいたします。

-東京, 銀座, ひるベスト!!!

関連記事

Copyright© ひるどき日本ランチ日記 , 2018 All Rights Reserved.