銀座・田楽 特製手作りハンバーグ(1,100円)

04/01/2007

07-01-04-1.JPG
 出張と休暇が明けて、久しぶりに銀座へ。
 で…市場が開いてないせいか、めぼしいお店はどこもシャッター。「あ、そいういえばあの店があった」と思って向かうと行列。
 うーん、どこにしようかと思っていたところで、目に飛び込んできたのがこの貼り紙。このお店はビーフカレーかメンチカツカレーの2つしかメニューがないお店なのだが、そこで4、5日の限定2日間だけこんなメニューを出すとなれば、濁点が抜けていることは別として、色々な意味で入らない理由がなかった。
 で、カウンターに座って注文。するとお店の方がハンバーグを手でパンパンと成形し、フライパンに乗せて焼き出す。それを見てカバンからカメラを出していると、

  ジュボゥ!!!

 という、正月ボケを吹っ飛ばす、大きな炎がいきなり広がった。まさかのフランベが施されたハンバーグが目の前に出されたのは、それからすぐだった。
07-01-04-2.JPG
 直径10センチ程度のハンバーグは、箸で切るべく表面に当てるとフワフワした触感。そして、切ると肉汁がじゅわっと滴り落ちる。
07-01-04-3.JPG
 肉とタマネギだけのシンプルな作りなので、味はほぼソースと肉のみ。ただ、濃厚かつ少し甘めのソースによる味付けなので、テンポ良くごはんが進む味。
 ところで、このハンバーグはメンチカツカレーにつかっているタネと同じもの。では、どうして4、5日しかハンバーグをやらないかというと、
 「お店に娘がいるときじゃないと、私はフライパンにかかりっきりになっちゃうから、できないのよ」
 とのこと。メガネが似合うこの娘さんと、この限定メニューに会えるのは、年内は早くも明日だけ。もしかしたら、日本一早く終わってしまう食のイベントかもしれない。
————– 
 今日もご覧いただきまして、ありがとうございます。人気blogランキング(レストラン・飲食店部門)も、ぜひご覧ください。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。「10年後でも古びないモノ・コトづくり」をコンセプトとした商品・サービス開発、既成品リニューアルをはじめ、食と旅がテーマのコンテンツ制作・事業、編集、撮影、執筆、漫画原作、講演を手がけています。プロフィール・事業実績はこちらから