青森ねぶた祭り_2008・初日

02/08/2008青森, 東北

080802-001.jpg
短い夏の空をも焦がす、熱い火祭りがいよいよ開幕。
駅前のロータリー付近には、いつもより多めの車が並び、列車が一本到着するごとにいつもと違う賑わいで染まっていく。
080802-002.jpg
駅前の交番も、金魚ねぶたで彩りを添える。
080802-003.jpg
跳人として参加する知人は正装で身を固めた。身体を動かすごとにチャリンチャリンと、鈴と空気が共鳴し、
080802-004.jpg
あいにく、空が湿らせ続ける跳人の舞台は、開始時間を今か今かと待ち続け、
080802-005.jpg
共に跳ね、共に喜び、共に燃えるねぶたの元へ、歩みの速度は少しずつ上がっていく。
080802-01.jpg
午後7時5分、喧騒を打ち消す花火の音が響き渡り、舞台は動き出す。そして祭人の心は一つになる。


080802-02.jpg
080802-023.jpg
080802-024.jpg
080802-025.jpg
080802-03.jpg
080802-035.jpg
080802-04.jpg
080802-05.jpg
080802-06.jpg
080802-065.jpg
080802-07.jpg
080802-08.jpg
080802-09.jpg
080802-10.jpg
080802-11.jpg
願わくば、透明なビニール越しではない雄姿を、一日も多く拝めることを空に望む。
皆様のクリックで、青森を応援してください!人気blogランキングへ。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。食にまつわるテーマを中心に、新商品・サービスの開発とリニューアル、プロモーション・コンテンツの企画制作。各種編集、取材、撮影、執筆、講演をワンストップで手がけています。サービス内容はこちら。>>Local-Fooddesign

Posted by takapu