青森市・栄作堂本店 そうそう、青森にはトンでもなく長い期間営業を続けている、凄いパンとケーキのお店があるんです!

31/05/2008青森,東北,パン,ひるベター!!

080512-01.jpg
 青森駅を出て目の前にあるのが、この街のメインストリートである新町通り。で、この通りを進み、カシス羊羹が有名なお店を右折すると、カラフルなパンとケーキの文字が飛び込んでくる。
 おそらく、ブロガー諸氏ならこの看板を見て気にならない訳がない。もちろん、自分もその一人。ということでお店に入る。すると、まず出迎えてくれるのはケーキのショーケース。
 そして、ここで絶対に目に入るのが、とある動物の形をしたダークブラウンでバタークリームがたっぷり詰まった、ケーキ遺産と呼びたくなる、あのケーキ。
 …ただ、それは後日の記事にするとして、ケーキのショーケースの隣にあるパンのケースに目を移す。
080512-02.jpg
 まさに、日本のブーランジェリー。このケースにはお菓子パンが、別の棚には惣菜パンが。とにかく何でも揃っている。
 そんなお店が開店したのは、なんと昭和6年のこと。今は、さくら野百貨店がある場所で産声をあげたこのお店、70年以上も青森市民の胃袋を満たしてきたのである。
080512-03.jpg
 そんな、文化財保護法あたりで守りたくなるこのお店で購入したのは、グラタンが入ったパン、食パンにアンコを挟んで揚げたパン、そして、謎のモンブランパン。
080512-04.jpg
 もう、見ているだけで愛おしくなる。どこか懐かしいのに新鮮だったり、食欲をそそる香りだったり。
080512-05.jpg
 グラタンの食べ応えを、ポットの役割をしているパンがしっかり受け止めて…
080512-06.jpg
 あんこの上品な甘さを、揚げた生地がボリューム感で押し出して…
080512-07.jpg
 そして、ガブっと頬張ると、クリームがあふれ出してきて…あぁ、何度でも食べたい。
080512-08.jpg
 しかも、結構遅い時間までやっているのが嬉しいところ。ということで…買いにいかねば。
 皆様のクリックで、青森を応援してください!人気blogランキングへ。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。食にまつわるテーマを中心に、新商品・サービスの開発とリニューアル、プロモーション・コンテンツの企画制作。各種編集、取材、撮影、執筆、講演をワンストップで手がけています。サービス内容はこちら。>>Local-Fooddesign

Posted by takapu