青森県・イギリストースト やっぱり、これじゃないと。

24/11/2011青森,東北,パン,ひるたび・さんぽ

111114-01.jpg
何かの用事で青森に行った時には、
決まってご当地パンたる「工藤パン」の、
新商品チェックをするのですが、
カバンの中に入る機会が一番多いのは、
何と言ってもイギリストースト。
最近は、コーヒー味とか濃厚ミルク味とか、
色々なバージョンが発売されるので、
ついつい手に取ってしまうのですが、
いつでも欠かせないのは、青と赤のクラシックスタイル。
111114-02.jpg
青森に住んでいた時は、朝にこれを食べたり、
昼にこれを食べたり、夜食にこれを食べたり…
グラニュー糖入りマーガリンのシャリシャリとした噛み心地が、
生活に欠かせなかった一品。
首都圏で開催される物産展で、これが買えないものだろうか…
と、思うこともあるのですが、
やっぱり、この包装がズラッとスーパーの棚に並んでるのがいいんですよね。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。食にまつわるテーマを中心に、新商品・サービスの開発とリニューアル、プロモーション・コンテンツの企画制作。各種編集、取材、撮影、執筆、講演をワンストップで手がけています。サービス内容はこちら。>>Local-Fooddesign

Posted by takapu