東京 市ヶ谷/四ツ谷 カレー ひるグッド!

麹町・アジャンタ ナスと鶏ひき肉のカレー、チーズとほうれん草のカレー、マトンカレー

投稿日:20/08/2007 更新日:

 旨いランチと地元食フリークの皆様、ひるどきでございます!!!!!!
 ところで…現在のひるどきは何位になっているでしょうか?
070820-03.jpg
 たまたま、昼に麹町に来る機会があったので、「麹町、未食の店」という簡単な連想で決めたのが、このアジャンタ。
 入口左の食券機を横目に階段を登って席に着くと、すぐに店員さんがやってきて、テーブルの上にメニューを広げてくれた。
 で、このお店のランチには、カレー単品の他に2種類選ぶランチセットがある。この日は友人と同席だったので、4種類を注文…と思ったのだが、選んでいるうちに3種類に。ということで、ナスと鶏ひき肉のカレー、チーズとほうれん草のカレー、そしてマトンカレーを注文。


・ナスと鶏ひき肉のカレー
070820-06.jpg
 ひき肉とナスのキーマカレーは、「チューボーですよ」がきっかけで生まれた期間限定もの。
 水分が飛ばされており、ナスとひき肉にぎっちりと味が凝縮されている。ライスとの相性は、カレーというよりは、これをおかずとしてライスを食べるという具合で、カレーを食べている感覚より、カレー味のおかずを食べているという具合。食べ進めるほどに、ナスの味吸い込み具合がたまらなく愛しく思える。
 一方、ナンとの相性は「液体がない分どんなものか…」と思ったのだが、まったく問題なし。モチモチ感の強いナンで包み込むように食べると、ナンのほんのりした甘みによって、むしろスパイスの強さが際立つ。
 そして、上に添えられた細切りの生姜をシャクっと噛むと、期待通りに一気に爽快感が広がる。
・チーズとほうれん草のカレー
070820-07.jpg
 チーズとほうれん草のカレーは脂やチーズのコクによって、ほうれん草のほわっとした甘みと、かすかな苦味が包まれ、辛さとは離れたマイルドな味わいが印象に残る。ライスとの相性よりも、やはりナン向けではあるのが、これはたっぷり絡めれば絡めるほど、野菜によるやさしいボリューム感が生まれる。そう、遠慮なんかしてられない。
・マトンカレー
070820-05.jpg
 そして、駅からこの店に来るまでに、頭の中に浮かんだ「暑い日には、こういうカレーが食べたいなぁ…」を具体化してくれたのが、このマトンカレー。
 個々のスパイスの味がとっぷりとしたソースの中で、しっかりと活きている中、強い唐辛子による折り重なる辛さや、マスタードシードを噛んだ時に広がるアクセントがナンやライスと絡むと、ずんずんと手が進んでいく。肉のプルプルとした食感も、マトンカレーにしかできない何物にも代えられない醍醐味。
070820-08.jpg
 最後に、マトンカレーのお皿に残った唐辛子を食べてお店の外に出ると、汗がじわじわと…でも、やっぱりカレーを食べた後は、こうじゃなくてはと思う。
 
 今日もご覧いただきありがとうございます。もう一押し、お願いします。人気blogランキングへ

  • この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家 食や旅をテーマにした商品開発や既成品リノベーションを始め、コンテンツ企画、取材・執筆・撮影、PRツール制作、漫画原作、講演、事業所の強みづくりコンサルティングを手がけています。 詳しいプロフィールはお仕事に関するお問い合わせは、下のリンクからお願いいたします。

-東京, 市ヶ谷/四ツ谷, カレー, ひるグッド!

関連記事

Copyright© ひるどき日本ランチ日記 , 2018 All Rights Reserved.