麻布十番・ふらわーな チキンカレー(大盛・900円)

18/01/2007

07-01-18-1.JPG
 麻布十番の駅から、法務局に少し裏手に入って赤羽橋方面に向かうと、木で作られたこんな看板のお店がある。キッチンバーというジャンルのお店になるらしく、店内は雑多感と落ち着きが同居しているような作りになっている。
 さて、ランチメニューにはオムハヤシや日替わり的にハンバーグもあったのだが、このお店と、はす向かいにある喫茶店、そしてスーリヤの3店で、一種のカレーコミュニティが形成されているということで、チキンカレーを大盛で注文。
07-01-18-2.JPG
 数人で行ったため、テーブル席が埋まっていた最初は、通りに面した席で春のような暖かい陽射しを受けながら、出来上がりを待つ。しばらくすると、奥のテーブルが空いたので移動。そして、サラダ、カレー、スープの順で運ばれてきた。
07-01-18-3.JPG
 注文する際に、店員さんから「辛いですが、よろしいでしょうか?」という声があったのだが、確かに圧倒的なスパイスの香りだけで汗がにじんできた。そして、緊張と関心が入り混じる中で口にすると…

 このぐらい

 辛い。しかし、単調な辛さではなく、しっかりとしたスパイスの主張による濃密な辛さ。口の中に長い時間入っていても不快にならず、辛さの次の展開への楽しみすら感じさせる。
 チキンは若干特有の匂いを感じてしまったのだが、気分良く骨から身が離れ、しかも軟骨もコリコリと食べられることに好感。
 そんな感じに、熱くて辛いカレー→サラダ→コーンのスープという流れの繰り返しで食べていると、気がついたときには大盛りのカレーは皿から消えていた。勢いで食べつくしたい味という言葉が、一番しっくりくる味かもしれない。
————– 
 今日もご覧いただきまして、ありがとうございます。人気blogランキング(レストラン・飲食店部門)も、ぜひご覧ください。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。「10年後でも古びないモノ・コトづくり」をコンセプトとした商品・サービス開発、既成品リニューアルをはじめ、食と旅がテーマのコンテンツ制作・事業、編集、撮影、執筆、漫画原作、講演を手がけています。プロフィール・事業実績はこちらから