青森 東北 ひるたび・さんぽ

8月の青森は、祭り三昧。で、自分は「津軽金山焼・炎のフェスタ」から行くことに。

投稿日:31/07/2009 更新日:

まだ、梅雨が明けない7月も、もうすぐ終わり。子供にとっても8月の声を聞くとまさに夏休み本番となり、青森各地でも今週と来週にかけて、ビッグイベントが目白押しとなる。
で、既に始まっているのが、今日から8月4日まで開催の八戸三社大祭。実は自分も見たことがないのだが、行った人の口からは例外なく「あれ、すごいよ!」という話を聞く。うーん、身体が二つあれば・・・
そして、「人形ねぶた」と「扇ねぷた」が共演する黒石ねぷた祭り。まるで、青森ねぶた祭りと弘前ねぷた祭りをいいところ取りしたかのような夢の共演は、8月5日まで開催。
で、そんな中で明日1日だけ開催される熱いイベントが、津軽金山焼・炎のフェスタ。
080726-01.jpg
※写真は、カレーを除いて全て昨年のものです。
元々、国際交流が盛んに行われている津軽金山焼では、毎年「世界薪窯大会」が開催されていたが、昨年からこの場にて、焼き物に親しめるように野焼きの模様を見ることができたり、五所川原を中心とした西北地域の旨い食材や料理を、プレゼンテーションするイベントが始まった。
080726-04.jpg
青空の下、無数に並ぶ金山焼。全く同じ形のものは一つとしてなく、大いなる自然の力を感じさせてくれる。
080726-08.jpg
大きな作品があれば、小さな作品もある。開放的な空間で、造形美をじっくりと眺める醍醐味を教えてくれるイベントは、器というものを難しく捉えがちな自分にとっても、ありがたい。
080726-09.jpg
そんな中で選んだ器は、手にも心にも馴染むこと間違いなし。
自分のものになった瞬間、我に返って空腹を満たすことになる。去年は世界薪窯大会に参加する陶芸家の方が、自分の国の料理を作っていたが、今年は金山焼に併設するレストランがメインダイニングとなる。
090419-01.jpg
こんな感じの夏野菜がたっぷり入ったカレーや、パスタにピザ。スイーツも定評あるソフトクリームや長谷川牧場のクレームブリュレがラインナップされているので、自分は朝食抜きで会場に行くことが確定した。
そして、立佞武多囃子も披露される。
080726-10.jpg
さすがに、立佞武多そのものが来るのは難しいが、囃子を聴いているだけでテンションが高まる。
080726-11.jpg
ヤッテマレ!ヤッテマレ!の声と、手振り鐘のリズムが生み出す迫力に、圧倒されてしまうこと間違いなし。
080726-12.jpg
例えばCu-calのように、全国のスターシェフが集まるといった趣のイベントではない。でも、このイベントには地元の人間が生み出すパワーが充満している。わずか一日だけ開催される祝祭だからこそ、行かねばならぬの意識が、自分にとって強いイベントだ。
そして、夜は弘前ねぷた祭りが開幕。祭りのハシゴで夏を迎えることになる。
休む間もなくパワーを発散するのが青森流、だから自分の心の中にあるストッパーを外さないと、絶対に勿体無い。

  • この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家 食や旅をテーマにした商品開発や既成品リノベーションを始め、コンテンツ企画、取材・執筆・撮影、PRツール制作、漫画原作、講演、事業所の強みづくりコンサルティングを手がけています。 詳しいプロフィールはお仕事に関するお問い合わせは、下のリンクからお願いいたします。

-青森, 東北, ひるたび・さんぽ

関連記事

Copyright© ひるどき日本ランチ日記 , 2018 All Rights Reserved.