~新青森人の皆様、まずはこの店でランチしてみてください。~ その1 吉田屋・冷やしむじなそば(650円)

01/04/2009青森,東北,そば,ひるグッド!

090401-01.jpg
この4月から新しく青森人となられた皆様、青森へようこそ!!!
自分が去年の4月に新しく青森人になった際に、頭を悩ませたのが「普段、昼の食事をする店」。青森駅周辺の繁華街には、お店の数はあるものの決定打となる情報が意外に少ないので、どこに入ろうか悩んで終わってしまうことも多々。
…ということで、最近知り合ったばかりのこちらの方と一緒に、「麺」をテーマにランチタイムを充実させてくれるお店をご紹介することに。
最初のお店は、繁華街から少し離れた場所にあるお蕎麦屋さん。ランチタイムには花見の場所取りのような勢いで、お客さんがひっきりなしに訪れるお店だ。
この日は、ガラガラっと引き戸を開くと、奇跡的に1階に空席を発見。ということで速やかに着席し。名物の冷やしむじなそばを注文。
注文して約9分ほどで目の前に登場したのは、冷たいつゆにおそばがドボンと入ったおそば。
名前通りに油揚げと揚げ玉が盛られており、早速、おつゆとそばを馴染ませつつ、ズルズルっとすする。すると、あっさりした味に油揚げの味と揚げ玉のコクが組み合わさり、シンプルに「旨いもん」に変わる。
また、この油揚げと揚げ玉をつなぐのが、うずらの卵。しっとりと滑らかな口当たりが、2つの具の懸け橋になってくれて、すする勢いが増していく。しかも、量も十二分。でも、飽きることなく一気にいけてしまう。
むじなそばは、「同じ穴のムジナ」から来たもの。新青森人の方々が現青森人と同じ穴のムジナとなったからこそ、最初に食べてもらいたい一品だ。
場所はこちらです。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。食にまつわるテーマを中心に、新商品・サービスの開発とリニューアル、プロモーション・コンテンツの企画制作。各種編集、取材、撮影、執筆、講演をワンストップで手がけています。サービス内容はこちら。>>Local-Fooddesign

Posted by takapu