飯田橋/神楽坂 カレー よるどき

飯田橋・き作亭 キサクカリーとキサクキーマカリーの2種盛り、そしてラッシー

投稿日:

き作亭-03.jpg
家庭で作るカレーが恋しくなる時があれば、
お店で食べるカレーが恋しくなる時もあります。
そんな気分で飯田橋にいる時は、
ボナというお店に行く機会が多いのですが、
この日はお店を変えてみることに。


向かったのは、飯田橋の駅を出て善国寺に向かう坂道。
ここから紀の善を右に曲がって路地に入り、
奥に進むと姿を現すのが、き作亭というカレー屋さん。
元々、別々だった2つのお店がつながっているので、
カウンターも二つに分かれています。
この日は、やや奥まった席に座って、
目の前にあるアルコールのボトルを眺めつつ、
キサクカリーとキーマカリーの二種盛りを待つことにしました。
き作亭-05.jpg
さらっとしたソースをライスにかけて口にすれば、
辛いけど優しい味。それが第一印象です。
フランス人の女性店主さんが、
自ら仕入れて配合するスパイスは、
香りの中に鋭さとまろやかさが組み合わさって、
まるでマンダラ模様のようです。
スパイスもブレンドコーヒーと同じで、
いかに特長となる部分を立たせるかが、
ポイントになると思うのですが、
このお店の味は店主さんの人柄自体が、
スパイスになっているので、
誠実に作るその味を、
素直に楽しませてもらうという感じです。
き作亭-06.jpg
食後のラッシーも、しっかりスパイス入り。
しっかりと作り込まれています。
これでこの価格は本当にありがたいものです。
しかも、キサクカリー単品なら500円ですし。
昼の混雑はなかなかみたいですが、
夜のお疲れさまカレーとして食べるのに、
うってつけのお店です。

  • この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家 食や旅をテーマにした商品開発や既成品リノベーションを始め、コンテンツ企画、取材・執筆・撮影、PRツール制作、漫画原作、講演、事業所の強みづくりコンサルティングを手がけています。 詳しいプロフィールはお仕事に関するお問い合わせは、下のリンクからお願いいたします。

-飯田橋/神楽坂, カレー, よるどき

関連記事

Copyright© ひるどき日本ランチ日記 , 2018 All Rights Reserved.