東池袋・伊東食堂 食堂の決まり手

05/07/2014東京,食堂,練馬区/豊島区/板橋区,居酒屋/パブ,よるどき

伊東食堂-01

都電の東池袋四丁目駅から牛タンの多津よしの方角に歩いて行くと、大塚方向に伸びている細い路地が日出優良商店会。八百屋やお惣菜屋、そしてパン屋が並び、手ぶらで散策して駅まで往復すると、両手が無数のビニール袋で塞がりそうな商店街です。

そんな通りにあるのが伊東食堂。昼は食堂、夜は居酒屋というスタイルで営まれていますが、なんとも気取りがなく入りやすいんです。

あまりお酒を飲まない自分にとって特にありがたいのが、夜も定食メニューが食べられること。その中には鳥羽の山という力士の四股名を冠した大盛りメニューも。さすがに就寝前数時間にそれをやる根性はないので、鳥の照り焼きとハンバーグの定食をいただきます。

伊東食堂-02

居酒屋モードの時にはハムカツや赤ウインナー、春巻きといったおつまみをつまみつつ、

伊東食堂-03

最後はミニ鳥照り丼で締め。使い勝手の良さこの上ありません。

伊東食堂-04

ところで、このお店のもう一つの名物がカレー。

厚さ1センチのカツがどーんと乗ったカツカレーが、昼間のサービスランチなら、驚きの600円!サービスランチじゃなくてもやっぱり驚きの650円!!他にも親子丼にカレーをかけたメニューもあったり、スパイシーな得意技も、この食堂の豊富な決まり手の一つ。

創業は昭和6年。他の場所から移転して今の地に店を構えていますが、店内にはかつて賑やかだったころの商店会の様子が、イラストとして残っています。このお店の両側にもマンションが建っていますが、ずっと界隈の胃袋を支える存在であって欲しい。わがままながら、そう思うのです。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。食にまつわるテーマを中心に、新商品・サービスの開発とリニューアル、プロモーション・コンテンツの企画制作。各種編集、取材、撮影、執筆、講演をワンストップで手がけています。サービス内容はこちら。>>Local-Fooddesign

Posted by takapu