自由が丘・モンブラン 日本の礎

24/01/2013東京, 世田谷区/目黒区, カフェ/喫茶店, スイーツ

モンブラン-01
とかく、発祥店とか元祖店の言葉に弱いのですが、
自由が丘の洋菓子店「モンブラン」もその一つ。
もちろん、ここで生まれたのは日本型モンブラン。
全国で見かけないことがない、メイドインジャパンのケーキ。
見た目はとってもシンプル、
今ではクラシックスタイルとされる形ですが、
メレンゲ、マロンクリーム、バタークリーム、カスタードクリーム、
スポンジケーキ、そして一番奥深くには剥き栗。
一口ごとに喜びが変化して、
全世代が口を揃えて「おいしい」を感じる。
笑顔のリレーが無意識に続くケーキものは、
モンブランとショートケーキぐらいではないでしょうか。
これも偉大な日本食文化。
雅な和食だけではなく日本洋菓子だって、
後世に受け継がれるべき世界遺産だと思うのです。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。食にまつわるテーマを中心に、新商品・サービスの開発とリニューアル、プロモーション・コンテンツの企画制作。各種編集、取材、撮影、執筆、講演をワンストップで手がけています。サービス内容はこちら。>>Local-Fooddesign

Posted by takapu