神戸・「神戸突撃隊!」その2 ~新開地・グリル一平 「マカロニ・イタリアン」と「スパゲティ・イタリアン」(各900円)~

27/01/2007

07-01-27-1.JPG

そば焼とうどん焼を食べ終えて、10分後にたどり着いたのは、同じく新開地にある洋食屋さん。2階までしか上がらない謎のエレベーターに乗り込んで、店内に入りテーブルを確保する。ここで注文したのは、お店の名物料理である、マカロニウェスタンならぬ、マカロニイタリアンとスパゲティイタリアン。「炭水化物ばかりじゃねぇか」的な突っ込みは甘んじて受けることに。

・マカロニイタリアン

07-01-27-3.JPG

・スパゲティイタリアン

07-01-27-2.JPG

色的にはほとんど違いがないのだが、特長としては、マカロニはドミグラスベースのソースが、イタリアンはトマトベースのソースがそれぞれ絡んでおり、両者の仕上げとして地鶏の卵がポトンと置かれていること。

マカロニには熱々のソースが大量に絡まり、更に鉄板で熱せられた状態で口に運ぶので、最初の一口は上顎に刺激が走り、しばらく無用な無言空間となる。ずっと熱が入りっぱなしの状態でありながらも、グニュグニュとしたマカロニの食感には、最後の一点で妥協しない程度の固さがある。野菜がしっかりと使われたドミグラスソースは、濃厚かつ「これ、ごはんに乗せたい」的な主食の味としても十二分。

また、卵を混ぜて食べることで、ドミグラスの重厚な味が薄皮で包まれたように、マイルドな味に変化する。白身と一緒ならあっさりとした味に、黄身と一緒なら丸くやわらかな味に。卵の味がしっかりとしているので、味の変化も比例して展開する。
 
一方のスパゲティイタリアン、マカロニは中にソースが絡まってない部分があるので、噛んでいるうちに徐々に中和される感があるのだが、こちらは表面にしっかりと絡まったトマトソースの酸味と旨みが、最初から最後まで持続する。また、酸味によって多少味がさっぱり感じる分だけ、ひき肉やグリンピースの味が機能しやすく、同時に卵の味もマカロニと比べて、足し算的要素を強く発揮する。「ごはんに乗せずに単品で食べる」という意味では、こちらのほうが入りやすいか。

とはいえ、テーブルに一枚だけライスを注文しておけばよかった。というのが本音ではあるが。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。「10年後でも古びないモノ・コトづくり」をコンセプトとした商品・サービス開発、既成品リニューアルをはじめ、食と旅がテーマのコンテンツ制作・事業、編集、撮影、執筆、漫画原作、講演を手がけています。プロフィール・事業実績はこちらから