本日から日曜日まで、葛飾区産業フェアにて「津軽料理遺産」の認定料理を、限定で提供します!

23/10/2009東京,多摩地域

津軽の伝承型郷土料理を、魅せて食べ継ぐプロジェクト、「津軽料理遺産」
これまで、イベントに出展することはありませんでしたが、今回、初めて東京のイベントに出展することになりました。
そのイベントは、今日から開催される第25回葛飾区産業フェア。例年数万人の方が足を運ぶイベントで、津軽料理遺産認定・普及協議会として、3種類の料理を提供させていただきます。
091021-01.jpg
まずは「けの汁」。津軽地方の野菜や山菜を中心に、ずんだや凍み豆腐など、彩り鮮やかな具材を味噌仕立てで煮込んだ、津軽人の魂が籠もった汁もの料理です。
091021-02.jpg
次に、「若生おにぎり」。津軽半島の沿岸で干された若い1年ものの昆布で、熱々のご飯を包んだ一品です。
091021-03.jpg
そして、赤くて甘い津軽の「いなりずし」。もちもちとした食感のお米と砂糖の甘さが一体になった、もてなしの心で作られる一品です。
各日、限定数での販売となりますが、毎日10:00からの発売いたします。ぜひ、お時間ございましたら、葛飾産業フェアに足をお運びください!

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。食にまつわるテーマを中心に、新商品・サービスの開発とリニューアル、プロモーション・コンテンツの企画制作。各種編集、取材、撮影、執筆、講演をワンストップで手がけています。サービス内容はこちら。>>Local-Fooddesign

Posted by takapu