広島・つつむ 肉まん(100円)

27/12/2006広島, テイクアウト, ひるたび・さんぽ

06-12-27-1.JPG
 広島駅の路電側に出て、岡山方向に向かって線路に沿うように進むと、数年後に新・広島市民球場ができる、JR貨物のヤード跡地があるのだが、そこに向かう途中にこんなお店がある。このお店は、唐揚げや豚の角煮が売っているお惣菜屋なのだが、
06-12-27-2.JPG
 店名の由来は、肉まんや餃子、シュウマイといった「包む」から来ている。ということで、肉まんを注文。
06-12-27-3.JPG
 薄い包み紙を通じて伝わってくる重量感。モチモチした弾力に溢れた生地をガブっとほうばると…
06-12-27-4.JPG
 たっぷりの肉あん。コンビニの肉まんと同じ値段で買えたのは、数倍の満足感と温かさであった。
————– 
 今日もご覧いただきまして、ありがとうございます。人気blogランキング(レストラン・飲食店部門)も、ぜひご覧ください。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。「10年後でも古びないモノ・コトづくり」をコンセプトとした商品・サービス開発、既成品リニューアルをはじめ、食と旅がテーマのコンテンツ制作・事業、編集、撮影、執筆、漫画原作、講演を手がけています。プロフィール・事業実績はこちらから

Posted by takapu