【らーめんふくのや/埼玉県さいたま市・与野】今年もやってきた!ごま油と夏の薬味が涼やかに香る『夏そば』

埼玉,関東,ラーメン・ちゃんぽん,ひるベター!!

2020ふくのやの夏そば-01

外出自粛要請が全面解除された最初の週末。与野駅前にあるらーめんふくのやも家族連れやご夫婦客で賑わっていました。

いつもはテーブル席ですが、この日は初めてのカウンター席。少しだけ席間が広く感じる隅っこで見つけたのが季節限定メニューの夏そば。思えば去年も啜った風物詩、今年も注文しないわけにはいきません。

【らーめんふくのや/埼玉県さいたま市・与野】夏の薬味が涼やかに香る『夏そば』がおいしい! | ひるどき日本ランチ日記
京浜東北線・与野駅でラーメンを食べたいとき、まっ先に思い浮かぶのが西口にいるなら『R&B』、そして東口にいるなら『ふくのや』。 味噌も塩もおいしい。そんなお店の店頭に冷やし中華な…
2020ふくのやの夏そば-02

焦がしネギのアイキャッチから、裾野に広がるオクラと揚げ浸しのようにしたナス、そしてササミ肉のしそ梅肉和え。刻みミョウガと定番のネギ&メンマの組み合わせは、ちょっとした夏山っぽさのあるビジュアル。厨房から聞こえた麺を洗う音もあって、いっそう涼しげに感じます。

ゴマ油がふわりと薫るスープは、色目以上に引き締まった醤油ダレと、昆布の旨味がグッとひと押し。ひんやりしっかり引き締まった麺をすすれば、弾力の良さに歯が心地よさを感じます。

ここにささみのしそ梅肉和えを絡めると、酸味が際立つ爽快感が膨らんで、しっかりと味を含んだナスの弾力が、チャーシューのような存在感でボリュームを担当。オクラの香りとシャキネバも楽しさを演出。

もちろん、さらりとした切れ味のスープは最後の一滴まで完飲。このさっぱり満腹な食後感には、今年もお世話になることが多くなりそうです。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。食にまつわるテーマを中心に、新商品・サービスの開発とリニューアル、プロモーション・コンテンツの企画制作。各種編集、取材、撮影、執筆、講演をワンストップで手がけています。サービス内容はこちら。>>Local-Fooddesign