【中華ひろと/埼玉県さいたま市】あつもり麺×スープ×タレ・魚粉で味変パターン無限大!絡めて啜ってとことん楽しむ「こくまろつけ麺」

埼玉,関東,ラーメン・ちゃんぽん,ひるグッド!

中華ひろとのつけ麺説明POP

住宅街の名店。なんとも言えない魅力が詰まったこのフレーズ。

与野駅で思い浮かぶのは中華ひろと。定番の支那そばや季節限定のトマト冷やし中華には、研究熱心なご主人のアイデアと、中華料理店に欲しい「そうこなくっちゃ!」な普遍性が融合。いつだって、暖簾をくぐればドキドキする新しい味に出会えます。

そんなお店が最近リリースした新定番メニューが「こくまろつけ麺」。注文前に決めておきたいのが麺の量と温度。並盛200g、大盛300g、特大盛500g。三択なら真ん中を選んでみましょう。あとは麺の温度ですが「『あつもり』がオススメですよ」と言われれば決まりです。

注文して待つこと10分弱。スープ、トッピング、麺の順で集合。テーブルに器が置かれた音に、並々ならぬ重量感を覚えます。

中華ひろとのつけ麺写真

大きめの器に入ったつけ汁からは、さっぱりしたネギの香り。別皿には麺とスープと一つになる出番を待つチャーシューとメンマ。そしてたっぷりの麺。

中華ひろとのつけ麺スープ写真

麺をすする前につけ汁を一口。あっさり目の印象からググッと膨らむ魚の豊かな風味。青々しさと切れ味のある脂のコクの正体はサバ出汁。しっかり目な味付けが主流のつけ汁に対して、この存在感はちょっとしたブルーオーシャンです。

中華ひろとのつけ麺の麺写真

大きな器に入った麺は鶏ガラスープにヒタヒタと。ちゅるんと唇に触れる感覚が楽しく、どことなくパスタのような弾力。鶏ガラスープの旨味をサラリとまとった麺とサバの旨さが一つになった味が夢中で啜らせます。

中華ひろとのつけ麺トッピング写真

たっぷりの麺を食べすすめるのに欠かせないトッピング。メンマにチャーシューに三つ葉、汁と麺のおいしさに香りや弾力、そして肉々しさで華を添えます。

で、写真を撮り忘れてしまったのですが、後半戦で活躍するのが魚粉とタレの味変ツール。「鶏ガラスープにタレを組み合わせただけでもおいしくなっちゃう」とご主人が話すほど、この味変が効果的。さっぱり目の味に慣れた口にしっかり強めの味。もうひとつの顔を見せてくれます。

もちろん、これだけ食べればお腹に隙間は皆無。麺が空っぽになった鶏ガラスープとつけ汁を、蓮華の中でブレンドしながら余韻に浸れば、この一杯の虜になること間違いありません。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。食にまつわるテーマを中心に、新商品・サービスの開発とリニューアル、プロモーション・コンテンツの企画制作。各種編集、取材、撮影、執筆、講演をワンストップで手がけています。サービス内容はこちら。>>Local-Fooddesign