浅草・モンブラン カキフライ

16/12/2010東京,文京区/台東区

101121-01.jpg
浅草•雷門前、
いつも全国から大勢の観光客が集まっている。
だから、地下鉄から地上に出て、
この辺りを交差する時には、
人波を上手にかわさなければならない。
そんな人波がちょっと落ち着いたぐらいの場所にあるのが、このモンブラン。
とにかく、ハンバーグで有名だということで、
店頭ではお店が紹介された映像が繰り返し流されている。
で、自分もそんなハンバーグを食べるつもりだったのだが、
「カキフライ」の文字を見つけてしまったからには、
これを注文しないわけにいかない。
101121-02.jpg
基本、外食のカキフライには「1,000円の壁」というのが
存在することを経験上心得ているが、
このお店は単品で950円。つまり、ぎりぎりのライン。
そんな思いの中で、皿面積の過半数を占めるカキフライを見て、
関心してしまった。
で、一口おもむろに。
ごはんのお供味でもあり、
ビールにも合う味でもあり。
ポテトサラダのようにたっぷりと盛られた
タルタルソースを絡めて食べれば、
その度合いは更に進んで行く。
101121-03.jpg
食後には、なぜかクリームソーダを注文。
これが青いソーダだったら、
きっと毎回注文することになってしまう。
そんな締めくくり。
カキフライとハンバーグのセットがあれば、
更に最強だと感じながらも、
次回の訪問時も、このお皿がテーブルに登ることは間違いない。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。食にまつわるテーマを中心に、新商品・サービスの開発とリニューアル、プロモーション・コンテンツの企画制作。各種編集、取材、撮影、執筆、講演をワンストップで手がけています。サービス内容はこちら。>>Local-Fooddesign

Posted by takapu