運営者プロフィール

氏名

坂本貴秀(ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/日本ふるさとごはん協会代表)

経歴

1994年に経済企画庁(現:内閣府)に入庁。GDP統計や「主権回復・国際社会復帰を記念する式典」「共助社会づくりシンポジウム」といった、公的イベントのディレクション・各種制作を担当。
また、青森県庁や国土交通省、農林水産省、東日本大震災事業者再生支援機構では、地域食材や食文化を活用した特産品開発をはじめ、伝承料理をテーマとした地域活性化コンテンツ制作・プロモーション事業、和食文化普及事業などを担当。
日常業務の傍ら、岩手県や福島県、島根県で食材や食文化をテーマとした各種地域活性化事業にも参画。

平成27年4月、内閣府を退職。『食と地域と人のつながりをデザインする』をコンセプトにLocal-Fooddesignを設立。地域特産品を中心とした商品・サービス開発をはじめ、食や旅をテーマとしたコンテンツ企画、編集・取材・執筆・撮影、各種講演などの事業に取り組んでいる。

また2017年には、「21世紀まで作り食べ継がれてきた日本の郷土料理を、22世紀以降にも伝え残す」を目的に、郷土料理専門のメディア「ふるさとごはん通信」の運営や、郷土料理をベースにした商品開発、コンテンツ制作、全国各地での料理遺産プロジェクト、PR支援に取り組む、日本ふるさとごはん協会を設立。

保有資格他

国内旅行業務取扱管理者
食品衛生責任者
復興庁「新規ビジネス等ハンズオン支援事業」登録専門家
岩手県「いわて産業支援センター」登録専門家
FCAJ認定フードコーディネーター

事業内容

商品・サービス開発
既製品リブランディング
食や旅に関する各種コンテンツ企画・ディレクション・ソーシャルメディア運用
編集・取材・執筆・撮影
マンガ原作
各種講演

事業実績

【ウェブサイトコンテンツ制作(執筆・撮影及びソーシャルメディア運用)】
「バウルー ホットサンドカフェ」
「百年食堂」

「津軽料理遺産」
「貝の王国 隠岐の島」
「いいたて雪っ娘通信」

【執筆・撮影・編集】
書籍「男と女のホットサンド」
ムック「12か月山ごはん」(以上、フードユニット「やくみ」名義)
島根県隠岐の島町商工会「貝の王国 隠岐の島」パンフレット
その他、菓子メーカーや農業者のPRパンフレットを手がけています。

【商品企画・開発・監修・既成品リブランディング】
<駅弁>
津軽料理遺産「ばっちゃ御膳」をはじめとした、東北新幹線・新青森駅延伸時に発売された駅弁の商品企画を手がけました。
<菓子>
八戸うみねこバクダン
「釜石・鉄鉱石シュケット」
「釜石ラガークッキー」
「岩手がんづきフロランタン」
「いいたて雪っ娘ポクしっとりマドレーヌ」

講演

青森県庁:奥津軽新時代!地域の「お宝」再発見フォーラム
島根県隠岐の町商工会:伝承料理文化を食べて語り継ぐプロジェクト 「隠岐料理遺産について」
他多数

媒体履歴

テレビ:NHK「サラメシ」/「あっぷるワイド(青森ローカル)」、TBS「朝ズバッ!」
新聞:日本経済新聞、朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、河北新報、東奥日報、陸奥新報、岩手日報、岩手日日新聞、日本農業新聞
雑誌:Big tomorrow、Yahoo Internet Guide

お仕事の問い合わせ

以下のフォームに必要事項を入力の上、お問い合わせください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

ひるどき日本ランチ日記