幡ヶ谷・LUG Hatagaya アイスコーヒーとシナモントーストと。

14/08/2014東京, 渋谷区

LUG-01
先日まで帰省していた青森の地。
行きつけの珈琲屋さんを訪れると、自転車の話になって、
「珈琲好き、蕎麦好き、自転車好きの人には共通するものがある」
という話が盛り上がり、その時に一軒のカフェの名前が上りました。
そこは幡ヶ谷の商店街から少し先にあるLUGというお店。
この一角だけがアメリカンな感じなので、
通り過ぎることはありません。
LUG-02
そんなお店の特長は、自転車が店内に置けること。
最近は、弱虫ペダル起点でロードバイクがブームになっていて、
しまなみ海道をロードバイクで走る特集をテレビで目にしたり、
駐車用のラックが店頭に設置するお店も、少しずつ増えてきています。
それでも、高額で軽量ゆえ盗難の対象となりやすく、
駐車する際にはラックやガードレールなどに、
チェーンロックとかをするものですが、
店内に持ち込めると、安心してくつろぐことができます。


LUG-03
そんなお店で注文したのは、アイスコーヒーとシナモントースト。
特に後者はお店の一押しということで、
絶対に欠かせない一品。
早速、熱々を一口…これは衝撃です!
実は、どちらかと言えばシナモンは苦手な部類に入るのですが、
砂糖とシナモンパウダーのバランスが秀でていて、
サクサクの音と甘い香りのリズムに乗って、
一口食べたらもう止まりません。
その甘さと組み合わせるのは、アイスコーヒー。
太陽の下、自転車を漕いで火照った身体と、
シナモントーストの余韻をクールダウンさせつつ、
優しい酸味と香りが包み込んでくれます。
LUG-04
大満足の食後は、店内でサイクルアイテムを物色。
このカフェ、実はサイクルショップのBLUE LUGの系列店。
なので、そこで扱われている商品がオブジェされていて、
勢いで買うこともできちゃいます。
さっそく、サコッシュ(ボトルや補給食を入れる袋)を購入、
帰り道は細かったり、坂道が多かったりしますが、
ペダルを回すテンポも軽快になるものです。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。食にまつわるテーマを中心に、新商品・サービスの開発とリニューアル、プロモーション・コンテンツの企画制作。各種編集、取材、撮影、執筆、講演をワンストップで手がけています。サービス内容はこちら。>>Local-Fooddesign

Posted by takapu