銀座・シャリュキュトリー・コダマ ホットドッグ(420円)

25/05/2007東京, 銀座, テイクアウト, ひるグッド!

07-05-25.jpg

とあるものを購入するために、銀座松屋の地下に向かうと、生ハムやベーコン、ソーセージを扱っているお店の店頭で、こんなホットドッグを発見。マスタードとケチャップをかけてもらい速やかに購入し、試食に出ていた、妙にグラマラスなベーコンを食べて店を後にする。

第一印象は、とにかく、肉!ソーセージ!がぶっと頬張ると、脂ではなくエキスとしての肉の旨み。いわゆる混ぜ混ぜなソーセージではなく、しっかりと作られたソーセージだからこその味。また、パンが妙に主張しすぎてない部分で、ホットドッグの主役と重要な脇役という位置関係が、しっかりと達成されていたのも印象的。欲を言えば、ザワークラウトの量がもう少し多いと、ソーセージがもっと食べやすくなるのだが、まぁ、ホットドッグ専門店ではないだけに、それは欲張りか…

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。食にまつわるテーマを中心に、新商品・サービスの開発とリニューアル、プロモーション・コンテンツの企画制作。各種編集、取材、撮影、執筆、講演をワンストップで手がけています。サービス内容はこちら。>>Local-Fooddesign

Posted by takapu