千駄ヶ谷・Good Morning Cafe 新しい年が来た、希望の年が。

01/01/2015

141227-02

新年の朝は清々しく希望に満ちたもの。いつもと同じように動く時計の針も、この日は特に凛と引き締まった一分一秒を刻みます。

千駄ヶ谷のGood Morning Cafe。このお店も日々迎える新たな朝を、より豊かなものにしてくれます。ある土曜日の朝、足を運べば奥のソファー席には、打ち合わせをするグループや、ご近所さんの夫婦など。一つの空間の中に、色々な朝時間が流れていました。

メニューを見れば、モーニングセットを初めとして、アサイーボウルにグラノーラ、そしてハンバーガー。海外のホテルのようなラインナップが揃います。注文したのは、エッグスクランブルセット。

141227-01

バターたっぷりの厚切りトーストを頬張れば、奏でられるサクサクの音。スクランブルエッグをフォークで運べば、ふわっとした口当たりに心が包まれ、手作りのマーマレードが纏う爽やかな香りと共に、濃厚な甘さを纏ったパンの一口一口がリズムを刻みます。

窓越しに見える東京体育館や、道を行く人の姿を見ながらヨーグルトの酸味で気持ちを引き締め、たっぷりのコーヒーと共に余韻に浸る。朝の時間を贅沢に過ごすと一日が楽しくなるって、やっぱり本当ですね。

次の年明けを迎えるまでに過ごす365回の朝。自分でその時間を快適に演出すればするほど毎日が充実する。今年は一日でも多くそんな時間を積み重ねたいものです。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。「10年後でも古びないモノ・コトづくり」をコンセプトとした商品・サービス開発、既成品リニューアルをはじめ、食と旅がテーマのコンテンツ制作・事業、編集、撮影、執筆、漫画原作、講演を手がけています。プロフィール・事業実績はこちらから