東京 丸の内/八重洲/神田 丼もの

丸の内・錦 牛タン丼(980円)

投稿日:29/11/2006 更新日:

06-11-29-0.JPG
 国際フォーラム方面に用があったので、その足でTOKIAの飲食街に向かう。「インデアンカレー」にも「つるとんたん」にも行ってしまったので、次なるお店としてこの焼肉屋さんに向かう。
 定食ものを注文しようとしたのだが、日替わり定食が牛タン丼とのことだったので、これを注文。
 注文してから、メニューを眺めていると、予想以上に早く丼とスープが運ばれてきた。その速さ、わずか3分。
06-11-29-1.JPG
 イメージしていた牛タン丼というのが、平べったい牛タンが、丼に敷き詰められているものだったのだが、ゴロっとした塊が大量に入っており、その上にラー油で和えられたネギが盛られる。
06-11-29-2.JPG
 こうなると、勢いをつけて食べることになるのだが、牛タン、ネギ、ご飯を一緒に食べようと思ったら、ご飯と牛タンの間に、タマネギとニンジンが挟み込まれていた。
 実は、ここに問題があった。
 というのは、タマネギとニンジンの食感がやや固めだったので、牛タンの味を感じる前に、これらの食感による印象が強く焼きついてしまったのである。そして、次に感じたのが牛タンの味ではなく、ラー油で和えられたネギの味。牛タンはそれに次ぐ3番目だったのである。
 こう感じた理由は、単純に牛タンの味つけが弱いことにある。
 この丼、ご飯の量に比べて具の量が大目なので、最後には牛タンだけが残ることになるのだが、この牛タンだけを食べると、ほどよい味付けに感じる。ただ、それはご飯や野菜、そしてネギと食べるには与える印象が弱い味付けなのだ。
 ちなみに、テーブルに置かれていたコチュジャンを、牛タンの上に乗せて食べると、口に放り込む勢いが増す味になるので、個人的にはこの食べ方が一番いい状態なのではと思う。
 とはいえ、日替わり定食なので、次にこれを食べる機会があるか分からないが…
-------------- 
 今日もご覧いただきまして、ありがとうございます。人気blogランキング(レストラン・飲食店部門)も、ぜひご覧ください。

  • この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家 食や旅をテーマにした商品開発や既成品リノベーションを始め、コンテンツ企画、取材・執筆・撮影、PRツール制作、漫画原作、講演、事業所の強みづくりコンサルティングを手がけています。 詳しいプロフィールはお仕事に関するお問い合わせは、下のリンクからお願いいたします。

-東京, 丸の内/八重洲/神田, 丼もの

関連記事

Copyright© ひるどき日本ランチ日記 , 2018 All Rights Reserved.