東京駅・鱈めし(1,100円)

17/03/2010東京,丸の内/八重洲/神田,テイクアウト,ひるベター!!

100103-01.jpg
東京に来た時、それは未食の駅弁と巡り会う時。
ということである日、青森に帰る前に東京駅の旨囲門で購入したのは、新潟は直江津を代表する駅弁「鱈めし」。
100103-02.jpg
ちょっと小ぶりの箱の中には、鱈の甘露煮や焼き鱈子、むしった鱈の身を子和えにして酢を効かせた親子漬けという具合に、とにもかくにも鱈づくし。
一つの食材が持つ懐の広さをプレゼンテーションする駅弁としては、これは傑作だと思う。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。食にまつわるテーマを中心に、新商品・サービスの開発とリニューアル、プロモーション・コンテンツの企画制作。各種編集、取材、撮影、執筆、講演をワンストップで手がけています。サービス内容はこちら。>>Local-Fooddesign

Posted by takapu