東京 新橋/汐留 よるどき

新橋・ガネー舎 牡蠣カリィの牡蠣ダブル(1,300円+α)

投稿日:16/01/2008 更新日:

 旨いランチと郷土食フリークの皆様、ひるどきでございます!!!!!! 
さて、現在のひるどき、順位はいかほどに?
080115-01.jpg
 こちらの方から、「ガネー舎で牡蠣のスープカレーをやってるぞぉぉぉぉぉ!!」という、ありがたいお話を伺ったので、その数時間後に2人で訪問。で、早速牡蠣カリィを注文したものの、そのままだと面白くないので、牡蠣の数を倍にするアレンジで注文。
080115-03.jpg
 レギュラーだと3個がゴロンと入るのだが、ゴロンゴロンと6個入っている器を見ている時間は、至福の時間。
080115-04.jpg
 三陸産の牡蠣は、軽快で刺激的な辛さに満ちたスープと、妙に一体になりすぎることがなく、自分の味をしっかりとスープの中に漂わせている。さしずめ、スパイスの演奏をバックに歌うボーカルのごとく。
 ライスをスープに浸して、口当たりサラサラなのに、オイル感によるコクが相まって旨々なスープカレーとして食べたり、そんなスープをまとって、旨みを増長させた牡蠣とライスだけ食べたり。スープ抜きでカレーの具をストレートにおかずとして食べるのは、邪道かもしれないが、スープなしでも成り立つのも牡蠣だからこそ。
 ちなみに、この牡蠣トッピングは…
080115-05.jpg
 牡蠣カリィ以外のメニューでもOK。それを知ってしまった自分は、次回以降どのカレーにもトッピングしてしまいそうだ。
 今日もご覧いただきありがとうございます。もう一押し、お願いします。人気blogランキングへ。
 そして、このお店には隠れた牡蠣メニューがもう一品。それは…カキタベ!にて。

  • この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家 食や旅をテーマにした商品開発や既成品リノベーションを始め、コンテンツ企画、取材・執筆・撮影、PRツール制作、漫画原作、講演、事業所の強みづくりコンサルティングを手がけています。 詳しいプロフィールはお仕事に関するお問い合わせは、下のリンクからお願いいたします。

-東京, 新橋/汐留, よるどき

関連記事

Copyright© ひるどき日本ランチ日記 , 2018 All Rights Reserved.