有楽町・ごはんCafe 本日のカフェめし(900円)

24/10/2007東京, 有楽町, 揚げ物

旨いランチと地元食フリークの皆様、ひるどきでございます!!!!!!
 ところで…現在のひるどきは何位になっているでしょうか?
071024.jpg
 「久しぶりにレバンテのカキフライを食べよう!」
 と思い、国際フォーラムに足を運んでみると、目に入ったのが「ごはんミュージアム」に併設されたこのお店。昼間はどんなものを出しているのだろうかと、メニューに近づいてみると、なんとまぁ、偶然にもカキフライの文字が。
 ということで、初志を貫徹せずに入店。
 ただ、ここからが問題だらけ。
 ・4人がけのテーブルや窓に沿った席が空いているのに、誘導まで約5分待ち。
 ・しかも、自分の前にいた3人組よりも前に、なぜか自分が案内された。
 
 という、頭の中で「?」が右往左往してしまうような出来事を経て、本日のカフェめしを注文。すると、約2分で運ばれてきたのが写真のプレート。
 「うーん、カキフライ小さいなぁ…」
 「確かに、野菜たっぷりとメニューに書かれていたものの、ごはんの量に対しておかず類が少なすぎじゃねぇか。ドレッシングがかかった生野菜でごはんを食べろというのかよ…」
 「しかも、週替りで色々な産地のごはんを提供して、味を確認させるのが売りのお店なのに、ごはんの上にガーリックフライの薄切りをどかっと乗っけて、どういうつもりなんだか」
 という具合に、疑問がたっぷりと湧いた状態で食べる。すると…
 「なんだかなぁ…」
 とりあえず、カフェめしというネーミング先行で、見た目をそれっぽく見せることしか考えないような構成は、やめたほうがいいのではと思ったのと同時に、このお店は本当に「お米が旨い」ということを伝えたいのか、正直わからなかった。
 今日もご覧いただきありがとうございます。もう一押し、お願いします。人気blogランキングへ

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。「10年後でも古びないモノ・コトづくり」をコンセプトとした商品・サービス開発、既成品リニューアルをはじめ、食と旅がテーマのコンテンツ制作・事業、編集、撮影、執筆、漫画原作、講演を手がけています。プロフィール・事業実績はこちらから

Posted by takapu