相模原・潮中華 KAZE 鶏郎(中・750円)

13/10/2010神奈川, 関東, ラーメン・ちゃんぽん, ひるベター!!

100923-01.jpg
自宅から徒歩20分圏内に、
ラーメン二郎・相模大野店があるにもかかわらず、
ある日の昼間に足を伸ばしたのは、
車で20分ばかし走らせた場所にある、
一件のラーメン屋さん。
そして、注文したのはこのお店名物の「鶏郎」というもの。
でき上がる寸前に、追加のニンニクや
野菜のトッピングを聞いてくれるので、
ニンニク増しでオーダー。
100923-02.jpg
自家製麺は非常に滑らかな口当たりなので、
するすると入っていく。麺を持ち上げてすする前に
かじりつくという感覚にはならない。
そして、スープ。
鶏出汁が効いた、あっさり目の作りなので、
最初の一口目は特に食べやすさオーラが包まれている。
飲み進めるごとに、少し塩が勝ってくる感じに変化するので、
水がちょっと恋しくなるものの、
基本的には、旨さがしっかりと出ている。
脂がギトギト浮いているルックスではないので、
(「脂」のトッピングもあります)
もやしやキャベツのボリュームという、
見た目の壁がありながらも、
スープがスープなので不思議なぐらいに食べやすい。
そんな感じに、広めの麺をすすりながら、
鶏の1枚肉を焼いたやつをガブリと。
これは、二回目にはもう1枚追加料金で、
トッピングしてもらわねば。
あとは、ニンニクの力を借りつつ完食あるのみ。
ボリューム×あっさりの組み合わせが食べたくなったら、
きっと通ってしまうこのお店、
時に変化球メニューを出してくるらしいので、
ちょっとチェックを多めにしよう。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。食にまつわるテーマを中心に、新商品・サービスの開発とリニューアル、プロモーション・コンテンツの企画制作。各種編集、取材、撮影、執筆、講演をワンストップで手がけています。サービス内容はこちら。>>Local-Fooddesign

Posted by takapu