東京 飯田橋

神楽坂・ボナッ ボナッカレーと焼きカレー

投稿日:27/03/2011 更新日:

神楽坂と飯田橋の境目にある交差点、
不動産屋さんの物件案内が目立つこの一角に、
色々な理由で入りたくなったカレー屋さんがあった。
独特の擬音使いに心惹かれるその店名、
派手な外観のお店が多い中で、こじんまりとした佇まい、
でも、明らかに街を愛し街に愛されているオーラが溢れている。
ドアを開けて、店内のカウンター席に腰掛ける。
両面のメニューを吟味した結果、
店名が冠についたボナッカレーと焼きカレーを注文。
4段階の辛さを選べるものの、まずは一番やさしい辛さで注文。
110319-02.jpg
野菜と一緒に炒めたドライカレーの上に、
カレーソースがかかった一品。
そこにみそ汁が添えられた組み合わせは、
お店というよりは家カレー。
シャキシャキの野菜の甘さと、
カレーソースのコクが口の中で調和すると、
なんとも立体的な味になる。
110319-03.jpg
焼きカレーは、チーズのコクが
カレーソースの旨みに1枚のベールをまとわせた味。
火傷してしまう熱さの中に、
じんわりと体温を高める温もりがある。
まだ寒さが残るこの時期には、こういうお店がとてもありがたい。
110319-04.jpg
そして、このお店に入った一番は、このポスターを店頭に貼っていたこと。
やっぱり、今みたいな状況には、素直にこういったお店に入りたい。

  • この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家 食や旅をテーマにした商品開発や既成品リノベーションを始め、コンテンツ企画、取材・執筆・撮影、PRツール制作、漫画原作、講演、事業所の強みづくりコンサルティングを手がけています。 詳しいプロフィールはお仕事に関するお問い合わせは、下のリンクからお願いいたします。

-東京, 飯田橋

関連記事

Copyright© ひるどき日本ランチ日記 , 2018 All Rights Reserved.