銀座・琥珀堂 コロッケ&メンチカツサンド(525円)

27/02/2007東京, 銀座, テイクアウト

07-02-27.JPG
新橋にあった自分が好きなお店が、銀座7丁目付近に移転したということで、手がかりとなる建物周辺をウロウロと探したものの結局見つからず、なぜか松屋銀座店の地下へ。

で、そこで今日まで出店していたのが、山形県は米沢市にある琥珀堂というお店。で、コロッケやメンチカツが売っているのを見ていたら、目に入ったのがこのサンドイッチ。約7センチの大きさのコロッケとメンチカツのそれぞれ半分が挟まっている。

コロッケはジャガイモが少し粗めになっており、思った通りのジャガイモのしっかりした味と、思った以上の満足感。一方、メンチカツも油のしつこさや変なクセもなく、米沢牛の味がきちんと前に出た味。コストパフォーマンスとしては、正直いただけない部分もあるが、品質パフォーマンスについてはいただきますといった具合。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。食にまつわるテーマを中心に、新商品・サービスの開発とリニューアル、プロモーション・コンテンツの企画制作。各種編集、取材、撮影、執筆、講演をワンストップで手がけています。Local-Fooddesign

Posted by takapu