銀座・ラサマレーシア ランカウイセット(900円)

30/05/2007

ランチフリークの皆様、お待たせしました。ひるどきでございます!!!!!!
さて、現在のひるどきは何位になっているでしょう?
07-05-30-1.jpg
 銀座コアのブックファーストに用事があったので、近場のビルにあるマレーシア料理のお店へ。900~1,500円の3種類のランチセットから、財布と審議した結果、ランカウイセットを注文。
07-05-30-2.jpg
 最初に運ばれてきた、鶏ベースの玉子スープは、あっさりとした丸めの口当たりから、少し角が立ったような刺激を口に残す味。このスープ、おかわりが自由ではあるのだが、個人的には刺激の分だけ一杯で十分。
 次に、サラダ、海鮮チャーハン、バナナの揚げ春巻が運ばれてきた。
07-05-30-3.jpg
 海鮮チャーハンとはいえ、使われているのはエビとイカのみ。むしろ上に盛られたレタスや細かく刻まれたパプリカ、ニンジンといった野菜のほうが充実している。
 味付けとしては、あっさり目で胡椒の刺激といったような特徴を前に出す味ではなく、どちらかというとフラットな味。ただ、フラットな味ゆえに、ちょっとでも濃く感じると口が疲れてしまうのだが、このチャーハンにはそういう面はなく、ガバガバっとテンポよくスプーンが進む。
07-05-30-4.jpg
 サラダを挟みながら、チャーハンを食べ終えた後は、デザートのバナナの揚げ春巻き。
07-05-30-5.jpg
 揚げたてではなく、揚げたものが冷蔵されていたのだが、とにかく甘い。ピーナツクリームの甘さを、春巻きの皮が全て覆っているので、甘さの塊のような味。でも、バナナのやわらかい味が、これを上手く中和している。
 食べたものとしては、この揚げ春巻きが一番印象的だったのだが、個人的には、ホールの女性の接客が、暖かさに満ちていたことも印象的だった。
 今日もご覧いただきありがとうございます。もう一押し、お願いします。人気blogランキングへ

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。「10年後でも古びないモノ・コトづくり」をコンセプトとした商品・サービス開発、既成品リニューアルをはじめ、食と旅がテーマのコンテンツ制作・事業、編集、撮影、執筆、漫画原作、講演を手がけています。プロフィール・事業実績はこちらから